2017年12月15日

建て増しではなく、抜本的な対応を

昨日、与党の税制改正大綱が発表されました。内容としては概ね事前に報道されてきた通りで、大きなサプライズはありません。結果的には個人を軸に2,800億円の増税になるとのこと。衆院選では論点にならなかったのに、なぜいきなり増税が決まるのか、あるいは増税の負担が「取れるところ」に偏っている(いわゆる高所得者ということになりますが、実際に数字を見てみると、高所得者以上に狙い撃ちにされているのは喫煙者ですね)などの批判もあるようですが、ここではその観点でのコメントは差し控えます。

ただ、今回の大綱は、抜本的な対応(の第一歩)ではなく、建て増しに終わってしまっていることがとても残念です。今回の改正で、誰でもが控除を受けることができる基礎控除が10万円上がることになりますが、同時に、所得金額が2,400万円を超える人は減額、2,500万円を超える人はゼロというこれまでにない仕組みが導入されます。これは所得控除方式では、同じ控除額でも(実効税率が異なるので)所得が大きい人の方が控除による減税額が大きくなってしまう(要は逆進性がある)ことが問題とされたためです。

しかし、基礎控除の逆進性を問題とするのであれば、本来のあるべき姿は、所得を問わず同じ金額が控除される税額控除とすべきです(もっと言えば給付付き税額控除)。これに対し、今回の税制改正大綱は、税額控除方式のメリットを認めながらも、「現行の所得控除方式から変更した場合、負担の変動が急激なものとなりかねないことから」見送り、現行の所得控除方式の建て増しである「逓減・消失型の所得控除方式」を採用しています。

また、今回の大綱では、基礎控除が10万円上がるかわりに、給与所得控除が10万円下がることになっています。もっとも同時に、「子育てや介護に対して配慮する観点から」子育て世帯や介護世帯は「負担増が生じないよう措置を講ずる」としています。この趣旨自体には全く異論はないのですが、では子育て世帯のためにかつての政権で廃止された(年少)扶養控除を復活するのかと思いきや、「所得金額調整控除」という新しい控除が作り出されました。これも建て増し。

これで思い出すのが、住民税での調整控除ですね。これはかつて、税源移譲によって住民税の税率が10%に統一された際に、「所得税と市・県民税の人的控除額の差額に起因する負担増を調整するため」に導入されたものです。住民税は、納税者ではなく、地方自治体が計算して通知されるものだけに、この控除についてご存じない方が多いかと思いますが、この調整控除は数字の辻褄を合わせるためだけのものであり、必要以上に複雑な仕組みになっています。

いやいや、税金の計算が面倒臭くなると、会計ソフトメーカーや税理士には嬉しいんでしょ、と思われるかもしれません。そんなことはありません。事実として、事業面では確かに複雑な税制の方がプラスかもしれません。ただ、社会的コストを最小化するという意味で、税制は本来、可能な限りシンプルであるべきだと思っていますし、私がお付き合いさせて頂いている税理士の先生方も同じように考えています。

確かに、短期間で検討しなければならない、そして影響をでる人をできるだけ少なくするようにと考えると、今回のような「建て増し」にならざるを得ないことは理解できます。ただ、それを繰り返していけば、複雑怪奇で誰も理解できない税制になる一方です。誰も理解できない税制では自分が納めている税金が公平なものかどうか判断できなくなりますから、結果的に税制への不信感を高めることにつながります。少子高齢化の中で、ただでさえ負担を増やさざるを得ない日本で、それが本当に良いことだとは思えません。

丁寧に説明することが必要になったとしても、税制のあるべき姿をキチンと議論し、時間がかかったとしても、建て増しではなく、抜本的な対応を図っていくべきなのではないでしょうか。それこそが、税制への、ひいて言えば国への信頼を取り戻す正道だと思います。

色々と思うところをストレートに書いてしまいました(汗)。もちろん、今回の税制改正大綱が正式に法令化された暁には、弥生としてキチンと対応していきますので、ご安心ください。
posted by 岡本浩一郎 at 19:42 | TrackBack(0) | 税金・法令

2017年12月13日

額面通りには受け取れない

年末が近付き、今年も税制改正に関する報道が続いています。昨日は、日経で、「青色申告、電子なら控除10万円増 20年1月から」という報道がありました。「政府・与党は2020年1月から、自営業者や個人事業主が紙ではなく電子申告を利用した場合に、控除の金額を10万円増やすと決めた。会社員にとっての給与所得控除にあたる「青色申告特別控除」を対象にする」とのこと。

おっ、これはいいニュースと思ったのですが、よく読んでみると、額面通りには受け取れない話でした。

現在取りまとめが進められている与党の与党税制改正大綱では、2020年1月から、基礎控除を10万円引き上げ、48万円にするということが固まっています。基礎控除は基本的に誰にでも適用になりますから、これは原則的にすべての人が減税対象となることになります。ただし、給与所得のある人向けの給与所得控除は一律10万円の引き下げになるため、結果的に給与所得のある人はプラスマイナスなしということになります。逆にいえば、給与所得控除のない、フリーランス等の事業所得者は基礎控除10万円増になる減税効果だけが効くことになります。

しかし、実はここからが落とし穴なのですが、事業所得者のうち、青色申告をする人に適用される青色申告特別控除が10万円減額されるとのこと。つまり、青色申告特別控除も合わせて考えると実はプラスマイナスがなくなるということです。ただし、冒頭の報道の通り、電子申告をすれば控除額が10万円上乗せされるため、ここまでを合算すれば、再び控除額10万円増(=減税)になるということです。

つまりは、事業所得者は控除額10万円増によって減税になりうるが、それを実際に享受できるのは、青色申告で電子申告をした人のみ、ということになるようです。電子申告自体は、社会的コストを低減する上では有効な手段ですから、電子申告を推進すること自体には全く異論はないのですが、電子申告をしなければ減税を受けられないというやり方には、あまり賛成できません。

このやり方の矛盾が出るのは、白色申告との比較ですね。白色申告はもともと特別控除がありませんから、青色申告特別控除のように10万円減額することができません。つまり基礎控除の増額だけが効くことになり、白色申告の場合は、電子申告をしようが、しまいが、減税になるからです。つまり、国として推進しようとしている青色申告の人にのみ、電子申告でなければ減税にならないというペナルティを与えることになるわけです。(なお、現時点で明らかになっていることからの推測ですので、実際には白色申告にも何らかの調整が入るかもしれません。)

電子申告を推進すること自体に異論はないものの、正直使い勝手がいいと言えないのが現実。そういった中で、今回の施策のポイントは電子申告の使い勝手がどこまで改善されるか、ですね。実はこの増減税が実施される一年前(2019年1月)から、e-Taxの利用が簡便化されることになっており、これによって使い勝手が改善されることが期待されます。

この簡便化の方式としては、大きく分けて1)マイナンバーカードを利用する方式と、2)税務署で本人確認の上、ID/パスワードを取得する方式があります。現状のマイナンバーカードの普及状況を考えると、実際問題としてどこまで簡便になるのか不安はありますが、マイナンバーカードを必要としない方式2)も合わせ、これならe-Taxがいいね、となるか、期待したいと思います。
posted by 岡本浩一郎 at 19:44 | TrackBack(0) | 税金・法令

2017年12月11日

じっくりと、少しずつ

先週木曜日に営業を開始したアルトア。初のお申込みが入るのがいつか、ワクワクしながらお待ちしていたのですが、初日はウェブに来て頂く方はあれども、お申込みには至らず。残念ですが、その分心置きなく打上げ(第一弾)を開催することができました。

金曜日には初のお申込みを頂戴し、少しづつですが動き始めています。ビジネスを立ち上げた側からすると、すぐに結果を期待してしまいますが、先週の木曜日にプレス発表を行ったばかりで、そもそもまだ存在が知られていないこと、また、融資というビジネスの特性上、知ったからといってすぐに利用につながる訳でもない(資金ニーズがあるタイミングでなければ利用につながらない)ことを踏まえると、当面はじっくりと、少しずつでも実績を積み重ねるしかないと考えています。

焦りを感じないと言えば嘘になりますが、まずはサービスを認知頂き、そのメリットをご理解頂くところから着実に進めていきたいと思います。


これから年末に向けて、年末商戦が盛り上がる中で、一時的に資金繰りが厳しくなることもあるかもしれません。そういった際に、気軽に、なおかつこれまでにない利便性でご活用頂けるのがアルトアです。利便性に関しては、今後じっくりとお話ししたいと思いますが、こちらのビデオで、まずはざっと理解して頂けるかと思います。わずか1分半のビデオですが、1分半の短い時間の中でアルトアの利便性をどう伝えるか、何十時間もの試行錯誤と担当者(特にDさん)の想いのこもった作品です。
posted by 岡本浩一郎 at 19:20 | TrackBack(0) | アルトア

2017年12月07日

アルトア、スタート!

本日、12月7日(大安!)に、アルトアは営業を開始しました。

アルトアは、これまでにない利便性で、事業者向けに少額・短期の融資を提供します。アルトアでの手続きは、融資のお申込みからご契約まで、基本的にオンラインで完結します(ただし、法令で求められる本人確認のために、郵送での手続きが発生する部分があります)。

融資の手続きのために、書類を用意する必要はありませんし、保証人や担保も不要です。では、何をもって融資の判断を行うのか。それは、お客さまに利用いただいている弥生会計のデータです。

2017120701.png

アルトアのここがすごい、と、もっともっと語りたいところですが、次回以降じっくりと、熱く語っていきたいと思います。是非、アルトアのサイトもチェックしてみてください。

融資を、もっとシンプルに、軽やかに。アルトアは、融資のあり方を変えていきます。
posted by 岡本浩一郎 at 18:29 | TrackBack(0) | アルトア

2017年12月06日

チーム・アルトア

いよいよ準備が整ったということで、今日は夕方にチーム・アルトアの皆と神田明神に参拝に行ってきました。弥生/アルトアオフィスから歩いて10分以内ですから気軽なものです。以前からこのタイミングで参拝しようと言っていたものの、当日まですっかり忘れていたため、皆の格好がかなりカジュアルなのはご愛敬ということで。超絶的に混んでいる年始と異なり、昇殿してのご祈祷は我々だけということで、じっくりしっかりと商売繁盛と社運隆昌をご祈祷頂くことができました。

ご祈祷頂いた後は皆で記念撮影。皆、いい顔をしていますね。

2017120601.jpg

一年前にはまだまだチームと言えるような状況ではありませんでした。ごくごく少人数で、まずは、新事業として立ち上げられるように奮闘している状況。そのハードルを越えて、2月にはようやく会社を立上げ、4月からチームとして本格的に活動を開始しました。

今回、アルトアを立ち上げることがなければ、おそらく会うこともなかったみんな。センチメンタルな表現ですが、このチームはご縁で結ばれた奇跡のチームです。色々と苦労もありました(かけました)が、ここまで一緒にやってこれて、本当に良かったと思いますし、チームの皆に本当に感謝しています。また、チーム・アルトアがここまでこれたのも、弥生の皆の陰に日向にのサポートがあってこそ。チーム弥生の皆にも本当に感謝しています。

ただ、言うまでもありませんが、本番はこれから。お客さまに喜んでいただけないようであれば、何を作っても、所詮自己満足です。チーム・アルトア(とチーム弥生)の力を合わせて、お客さまに「あるとあんしん」を実感して頂けるようにしたいと思っています。
posted by 岡本浩一郎 at 21:58 | TrackBack(0) | アルトア

2017年12月05日

SSID隠してますか?

先週から12月ということで、いよいよ忘年会シーズン。早速金曜日/土曜日と忘年会が続いた分、日曜日はのんびりと過ごしました。のんびりと言いつつ、溜めていた仕事を片付けることに。

それは、自宅のWiFi(無線LAN)環境の入れ替え。先日、WiFiの暗号化プロトコルであるWPA2に脆弱性があるということがニュースになりました。この脆弱性は、基本的にクライアント(端末)側に存在するため、WiFiルーター側での対応は必須ではありません。ただ、このタイミングで使用しているWiFiルーターを確認してみたところ、既にメンテナンス期間が終了しており、今後他の問題が発生してもファームウェアの更新が提供されない模様。それはまずい、ということで、何年かぶりにWiFiルーターを入れ替えることとしました(本来はもっと早く入れ替えておけ、という話です)。

WiFiルーターを入れ替えて、設定を一からやり直していたのですが、迷ったのがSSIDを隠すか、隠さないか。SSIDというのは、アクセスポイントの名称。自分の周囲にあるWiFiアクセスポイントを探すときに一覧で出てくる名称のことです。その名の通り、SSIDを隠すと一覧に表示されないため、その名前を知っている人しか接続できない、だからSSIDは隠すべき、というのがWiFiが普及し始めた頃の常識(?)。

ただ、ここしばらくは、むしろSSIDを隠すべきではない、なぜならば隠すことによってむしろリスクを高めるから、という説もあり、どちらが正しいのだろうと思っていました。

確かにSSIDを隠すことは本質的なセキュリティ向上策にはなりません。簡単には見えなくても、専用のツールを使えばSSIDは見えてしまいます(技術的に言えば、アクセスポイントからのブロードキャストはされなくても、クライアントからの自分の周りにはこのSSIDがいますか、というプローブ要求を見ることが可能)。ただ、気軽に人のアクセスポイントを利用しようとするのを防ぐには一定の効果があるような気がします。

今回調べてみたところ、私の結論としては、隠した方がリスクが上がる、すなわち隠すべきではないという判断になりました。詳細はこちら(誤解8)を見て頂きたいのですが、クライアントが隠されたSSIDに接続しようとする際には、先ほどお話しした、自分の周りにはこのSSIDがいますか、というプローブ要求をひたすらバラまいているのだそうです。となると、自宅だけでなく、オフィスや外出先でも、本来隠していたい自宅のSSIDの情報を暗号化された認証情報と共にバラまいていた、ということになります。認証情報はもちろん暗号化されているので、ただちに危険が生ずるわけではありませんが、一定の時間をかければ、暗号を解読することも不可能ではありません。

つまり、私は過去の常識に囚われて、セキュリティを高めるどころか、むしろ弱めていたということになります。私と同様に過去の常識に囚われている方もいらっしゃるかもしれないので、ご参考までに。

しかし、ITの世界では物事がどんどん変わるのは当たり前ですが、常識も変わっていっているわけです。キチンと継続的に情報収集をしないと、と思わされた一件でした。
posted by 岡本浩一郎 at 20:42 | TrackBack(0) | テクノロジー

2017年11月30日

特別な弥報

弥生のあんしん保守サポート会員のうち、ベーシックプランまたはトータルプランをご利用の方にお送りしている会報誌、「弥報」(やっほー)の最新号が出来上がりました。既にお客さまのお手元に届き始めているかと思います。今回の弥報は弥生シリーズ 30周年を記念した特別号。いつも以上に(?)気合いが入っています。

2017113001.JPG

通常このタイミングでお届けする弥報は、新製品(今年で言えば、弥生 18 シリーズ)の特集が中心です。もちろん今回も弥生 18 シリーズについての情報をお届けしていますが、今回は30周年の特別企画が盛り沢山。弥生シリーズ30周年の進化ストーリーは、特に弥生シリーズを長年ご利用のお客さまが見ると、結構懐かしいな、と思われるかもしれません。

私も30周年の特別企画として、「弥生と中小企業・個人事業主の未来とは」というインタビュー形式の記事で登場しています。この流れで僭越ながら表紙にも。この点も30周年ならではの特別版です(笑)。

ちょうど先日よく行くイタリアンのお店で、「弥報届きました!」と声を掛けて頂いたのですが、なんとなく照れくさく感じてしまいました。その一つの要因が、今回の私の写真があまりにテカっているから(苦笑)。私も最初に見た際に、「おいおいこれテカりすぎだろ」と自分で自分に突っ込んでしまいました。社内のN部長からも「いや、これテカり過ぎでやばいでしょ」と実にストレートな突っ込みを頂きました。担当のOさん曰く、「自然体の方が親しみやすい」という意図のようです…。ちなみに、こちらの弥生コーポレートブログでは自然体の(?)Oさんを見ることができます。

もっとも、「テカり過ぎでしょ」というN部長も、「自然体の方が」というOさんも、良くも悪くも、私を特別扱いせず、それこそ自然体で扱って頂いていることは、弥生らしくていいな、と思っています。ということで、ややお見苦しい部分はあると思いますが、お手元に届きましたら、是非ご覧下さい。
posted by 岡本浩一郎 at 21:50 | TrackBack(0) | 弥生

2017年11月27日

来年は大阪で

既に弥生のFacebookアカウント(@yayoi.kk)にネタとしては持っていかれてしまいましたが、先々週の木曜日にボージョレ・ヌーボーの試飲会を全社で開催しました。そう、この日が解禁日ということで、弥生では業務終了(17:30)後速やかに解禁です。

試飲会は今回で三回目。実はオリックスグループ内で販売キャンペーンがある関係で、グループ入り後に始まったという歴史があります。どうせ販促に協力するのであれば、1本買って自宅で飲んでも面白くないので、たくさん買って、職場で堂々と飲もうという飲兵衛ならではの発想でスタートしました。

今年は全社で39本差し入れ。(ざっくりですが)スタッフ数に合わせて、東京が12本、大阪が12本、札幌が12本、名古屋(Misoca含む)が2本、そして福岡が1本。この他に自宅持ち帰り用にも1本買っているので、合計どーんと40本です。普通の飲食店より多く仕入れているかもしれません(笑)。

しかし、実は、この11/16(木)が解禁日&試飲日ということをすっかり忘れており、気がついたらよりによって夕方から外出の予定が…。言い訳になりますが、販売キャンペーン自体は8月にあったので、試飲会の日程をすっかり忘れてしまいました。何とか乾杯だけは参加したものの、折角皆とワイワイする機会を逃してしまいました。

2017112701.JPG

なんとも残念でしたが、今日、大阪のNセンター長がほっこりするプレゼントを贈ってくれ、リカバリーできた気分です。プレゼントとは、大阪で試飲会に参加した皆さんのメッセージカード。日頃から頑張ってくれている皆さんの多少なりとも気分転換になれば、ということで、特段お返しを求めている訳ではありませんが、それでもこうやって感謝を示してもらえると素直に嬉しいですね。

一年に一度の試飲会。つい忘れてしまいそうですが、来年はちゃんと予定に入れておこう & できれば大阪に行こうと思った次第です。
posted by 岡本浩一郎 at 19:34 | TrackBack(0) | 弥生

2017年11月24日

人生を変えた出来事

私の人生を変えた出来事というのは大物から小物までいくつもありますが、直接的な影響はなかったものの、間違いなく大きく私の人生を変えた出来事が、今から20年前にありました。今からちょうど20年前、1997年11月24日に、山一證券は自主廃業を発表しました。

山一證券と言えば、当時の四大証券の一角。誰もが疑うことのない一流企業であり、勝ち組企業。その少し前のバブル期には、就職希望ランキングでもそれなりに高いポジションにあったはずです。以前も本ブログでお話ししたことがありますが、当時私の周り(広い意味で証券業界)であったり、マスコミの報道などを見ても、まさか、山一證券ほどの大企業が突然なくなるとは誰も予想していなかったと思います。それがある日、あっけなく自主廃業。将来を約束してくれるはずの会社はあっという間に消滅してしまいました。記者会見での野沢社長の「社員は悪くありませんから」という号泣を覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。会社はもちろん、従業員を守りたいと思っています。それが会社の存在意義の大きな一つ。守りたい、でも守れるとは限らない。

山一證券の廃業によって、私は直接的に影響を受けたことはありません。ただ、どんなに大きな会社でも、一流と言われる会社でも、将来が確実と思われた会社であったも、なくなってしまうこともある。そう悟った時、私の人生は大きく変わりました。自分の人生を会社に託すのか、あるいは自分で自分の人生を切り開くのか。私は、後者を選びました。直接的な影響ではありませんが、その後、転職し、そして起業、さらには社長として弥生に入社するという私の人生の選択は、間違いなくこの一件の影響を受けています。

こうやって書くと、今、弥生/Misoca/アルトアで働いている人はどうなんだ、と言われそうですね。会社には頼れないの、もっと言えば、会社を辞めることを推奨するのか、と。もちろんそんなことはありません。ただ、何も考えずに漫然と勤め続けるのではなく、弥生/Misoca/アルトアで働き続けることを自らの意志で選択して欲しいと思っています。今年の社員総会で私がお話しした大きなメッセージが「私たちは、自らの意志で私たちの未来を選ぶ」ということ。私たちは、自らの意志で、働く会社を選ぶことができます。

もちろん、社員に選んでもらう以上、会社としても選んでもらえるような努力は不可欠。会社としても、漫然とこれまでと同じことを続けているわけにはいきません。会社としての、これからのありたい姿、それを実現する道筋をしっかりと示した上で、社員に働き続けることを「選んで」もらう必要があります。これは今後、弥生/Misoca/アルトアに入る方についても、共通です。今後新たに自分の人生を切り開くことを選択した方にも、自らの意志で「選んで」頂ける存在でなければならないと思っています。
posted by 岡本浩一郎 at 19:36 | TrackBack(0) | 弥生

2017年11月21日

CHALLENGE STORY THE MOVIE

これまでに二回(一回目二回目)にわたってご紹介してきたYAYOI USER'S CHALLENGE STORYですが、実はビデオ版もあります。公開しているのは、THE MOVIE #01が熊本バスケットボール株式会社 代表取締役 湯之上聡さん、THE MOVIE #02が有限会社モーハウス 代表取締役 光畑由佳さん。これらのビデオは現在開催中のPAPカンファレンスで、開始前と休憩中に繰り返し上映しているのですが、何回見ても感動します。個人的には湯之上さんのビデオで、男の子が成長するシーン、光畑さんのビデオでは、お母さんと赤ちゃんが空を飛ぶシーンはウルっときますね(はい、涙もろいです)。

いずれも40秒ほどの短いビデオですので、是非ご覧下さい。



湯之上さんと光畑さんの想いに感動しますし、同時に、手前味噌ですが、そういった熱い想いを持ったお客さまの夢の実現にために多少なりともお手伝いできていることを本当に誇りに思います。

惜しむらくは、少なくとも現時点ではビデオはこの2本しかないこと。CHALLENGE STORY自体はこれまでご紹介してきたように6つあるのですが、ビデオは2本。おそらく、予算の関係かと思うのですが、このクオリティであれば全部あっても良かったな、と思います。無駄なおカネを使うな、とうるさいのはあなたでしょ、と社内から指をさされそうで怖いですが…(笑)。
posted by 岡本浩一郎 at 19:33 | TrackBack(0) | 弥生