2016年08月26日

Misocaとの6ヶ月

本日8/26(金)でMisocaが弥生のグループ会社となってからちょうど6ヶ月が経ちました。あっという間の6ヶ月ですが、非常に中身の濃い6ヶ月でもありました。

弥生とMisocaにとって特別な日である3月31日には「経理の日」として認定を受け、同時に、弥生のIDである弥生IDでMisocaを利用できるようになりました。システム連携としては、先日にMisoca連携の強化(複合仕訳対応)も行っています。

4月に開催したHalf Year Meetingには、Misocaのメンバー全員が参加し、弥生とMisocaが一緒になったということを弥生メンバーもMisocaメンバーも実感するいい機会となりました。6月には、Misocaの本社と弥生の名古屋営業所が新しいオフィスに移転オープン。東京/名古屋間の頻繁な出張(一部メンバーは長期出張)によって、開発者間の交流も進んでいます。7月には、弥生×Misocaのコラボで公開勉強会も開催しました。

2016082601.JPG

一方で、まだまだやりたいことは山積みです。現在は、お客さまに弥生のサービスとMisocaのサービスをシームレスにご利用頂けるように、基幹システムの統合を進めています。また、売り手と買い手を電子的につなぐことにより、お客さまが業務を圧倒的に効率化できる世界を目指した開発も進めています。

もっとも、全てがスムーズに、いつもニコニコ穏やかにという訳ではありません。喧々諤々の末に、ここままではやっていけません、と険悪な雰囲気になることもありました(ぶっちゃけ)。

ただ、これはMisocaと弥生がこれから先も一緒にチームとして活動していくためには必要なプロセスだと思っています。チームビルディング理論として、タックマンモデル(Forming, Storming, Norming, Performing and Adjourning)という有名なモデルがあります。効率的/生産的なチームとして機能する(機能期、Performing)前に、形成期(Forming)、混乱期(Storming)、統一期(Norming)を経なければならないという理論です。

違和感を包み隠して表面上だけ取り繕っても、小さな衝突が積み重なり、どこかで爆発してしまう。場合によっては、取り返しのつかない形で。そもそも背景もカルチャーも異なる二つの会社。違和感を感じないはずがありません。ぶつかるべき時はぶつかる。それでも、お互いに対する敬意をキチンと持ち、そして、中小企業、個人事業主の業務を圧倒的に効率化したいという共通の目的を持ち続けることができれば、必ず強いチームとして結果を出す(Perform)ことができると信じています。
posted by 岡本浩一郎 at 19:03 | TrackBack(0) | 弥生

2016年08月24日

長いお付き合い

私が弥生の社長になってもう8年ちょっと。その前は自分で経営コンサルティング会社を経営していました。以前も書いたことがありますが、コンサルタントはいわば荒野のガンマン。クライアント自身では対処が難しい課題の解決を、期間限定でお手伝いします。課題が解決すれば(あるいはその目途が立てば)、クライアントの元を去らなければなりません。敵をやっつけて、めでたしめでたし、これで平和な日々が戻ってくるという時に、その平和な日々にコンサルタント(ガンマン)はいません。世の中、様々なコンサルティングの仕事がある中で、色々な解釈があると思いますが、私自身はそうあるべきだと思っています。

一方で、コンサルタントとしてのお付き合いが終わっても、個人としてお付き合いが続くこともあります。特に長く(往々にして苦しい)プロジェクトを共にしたお客さまとは、ある意味「戦友」感覚。私が自分で経営コンサルティングの会社を立ち上げるきっかけとなったお客さまは、起業以前からですから、実に17年越しのお付き合い。コンサルタントとしては、トータルで5年近くお手伝いさせて頂きました。逆に言えば、もう10年以上はコンサルタントとしての仕事関係はないのですが、それでも一年間に1〜2回、ご一緒させて頂きます。

実は月曜日にもご一緒させて頂いたばかり。もう15年以上のお付き合いなので、本当に気心も知れており、とても楽しい時間です。かつては、お客さまだったわけですが、今は個人と個人としてのお付き合いですから遠慮することもありません(コンサル当時から全く遠慮していなかったでしょ、という突っ込みが入りそうですが、苦笑)。大体毎回いつも同じような話に落ち着くのですが、それもお楽しみです。

仕事の枠を超えて、これだけ長くお付き合いさせて頂いているのは本当に幸せなことです。そういえば、コンサル時代からお付き合いが続いているお客さまはもう一社あります。こちらは3年ほどプロジェクトをご一緒しました。苦労したプロジェクトですが、今となっては良い思い出です。そろそろご一緒したいですね > Nさん、Kさん。
posted by 岡本浩一郎 at 16:50 | TrackBack(0) | パーソナル

2016年08月21日

リオ・オリンピック

珍しく週末の更新です。いよいよフィナーレが近付いてきたリオ・オリンピック。実のところ、個人的には当初はあまり関心がなかったのですが、ちょこちょこと見ているうちに、結構盛り上がってきました。もちろん、メダルラッシュの後押しもあります(要は単にミーハーと言うことでしょうか)。

もう少しで終わってしまう思うと、寂しい気もしますが、4年後、いよいよ東京でのオリンピック開催に思いを馳せるのも一興かと思います。8年前の北京オリンピックは弥生の社長に就任したばかりで、正直オリンピックを観戦して楽しむというような余裕はありませんでした(ほとんど記憶に残っていません)。ロンドンの時は多少は余裕があったはずですが、やっぱりあまり記憶に残っていません(単純に記憶力が低いだけかも)。今から4年後、東京でオリンピックが開催される際に、自分や家族がどうしているのか想像するとワクワクしますね。

さて、今回は過去最高のメダルラッシュとなったわけですが、次回はどうか。いわゆる地元メリットがありますから、その点は確実に有利に働きそうです。

個人的に興味があるのが、何大会にも渡って活躍している選手のいる競技の次回。今回で言えば、女子レスリングの伊調選手や吉田選手が4大会連続の出場。それだけ圧倒的に強い選手がいることによって、その後輩たちは、代表選手が一人に限られるような国際大会で貴重な経験を積む経験が限られている可能性があります。何大会にも渡って圧倒的な結果を出してきたスーパースターが(仮に)引退をしたとして、後輩たちは同じように活躍できるのか。ある意味で、本ブログでも時たま取り上げている経営者の長期政権の弊害に近い問題が起こりうるのではないか。スーパー経営者が活躍すればするほど、会社はスーパー経営者依存になり、スーパー経営者の穴を埋めることが難しくなる。

もっとも、組織として人を育てることができていれば、これはあてはまりません。女子レスリングの場合、全部で5名がメダルを獲得している訳ですから、後者に該当している可能性も高いと思います。全員が至学館という大学在籍/出身ということ、川合選手が伊調選手と同一階級を避けるために階級を上げ、それでも優勝していることなどを踏まえると、個人の高い能力はもちろんなのですが、個々の能力を開花させる組織的な育成の仕組みがあるのではないでしょうか。だとすると、東京も相当期待できそうですね。
posted by 岡本浩一郎 at 13:25 | TrackBack(0) | その他

2016年08月18日

社会保険システム連絡協議会

今日は社会保険システム連絡協議会の社会保険・労働保険委員会の第一回目となる会合が開かれました。社会保険システム連絡協議会といっても、耳慣れない方がほとんどだと思いますが、社会保険・労働保険に関する業務の効率化・電子化を促進するために、社会保険関連のシステムを開発・販売・サポートしている企業と行政当局との窓口として、昨年6月に設立されたものです。

行政に関連する電子化の推進という意味では、税務に関する税務システム連絡協議会という組織が従前から存在していましたが、社会保険・労働保険に関する分野では同様な組織がありませんでした。しかし、昨年、マイナンバーへの対応を進める中で、社会保険・労働保険に関する分野でも行政当局と協議できる受け皿がどうしても必要ということで、弥生を含む5社が発起人となって設立されました。

この協議会の成果もあり、懸念だったマイナンバー制度のスタートには無事間に合わせることができました(もっとも、マイナンバーに関しては、実務が必要になってくるにつれて、これからも色々と混乱はあるでしょうが…)。協議会も、初年度を無事に終え、既に二期目に入っています。

ただし、課題も見えてきています。一つ目には、これまでは行政当局からの情報をタイムリーにキャッチすることが中心となっており、業界から行政への情報発信や提言には至っていないこと。二つ目には、限られた時間の中で協議会を立上げ、マイナンバーへの対応を進めるために、限られたメンバーのみが動く体制になっていたこと。協議会にはこれまでに33社参加頂いていますが、その力を集めることができていません。そして最後に、これまではマイナンバーというわかりやすいきっかけがあったからこそ(いわば危機感で)動いてきましたが、本来は、社会保険・労働保険関連業務のあるべき姿について、継続的に考えていくべきであること。いわば一過性から継続的な組織に進化させていく必要があります。

上記の課題を解決するために、問題意識をもったメンバーが集まり、情報収集だけではなく、情報発信を継続的に行うために設置されたのが、今回立ち上がった社会保険・労働保険委員会です。実は、弥生として協議会であり、委員会の必要性を強く訴えてきたこともあり、大役ながら私が委員長を引き受けることになりました。

実のところ、協議会であり、委員会の立上げに奔走してきたのは、私ではなく、マーケティング部のKさん。今後の活動もKさんが中心で進めていきますが、委員会が有効に機能し、ひいては協議会が実のある組織として機能できるように、私もキチンと支えていきたいと思います。
posted by 岡本浩一郎 at 19:07 | TrackBack(0) | 弥生

2016年08月16日

夏休みの宿題

弥生カスタマーセンターは本日まで夏期休業を頂いています。新しい祝日、山の日とカレンダーにも恵まれての6連休。最終日の今頃はサザエさん症候群になっているスタッフも多いような気はしますが(人間ですから、笑)、リフレッシュして明日からは元気にお客さまのお問合せにお応えしたいと思います。

夏休みと言えば、宿題。宿題と言えば、読書感想文ということで、こちら。

2016081601.JPG

池井戸 潤氏の最新作「陸王」。買ってから少し放置していましたが、読み始めたら500ページ越えもあっという間でした。池井戸氏といえば、代表作は半沢直樹シリーズ。ミーハーではありますが、半沢直樹シリーズから入り、それ以前の作品も一通り読破し、今は最新作が出るのを楽しみにし
ています。

元々は銀行マンが主人公の作品が多く、それはそれで銀行の方とのお付き合いも多い中で面白かったのですが、下町ロケットシリーズや本作のように中小企業の社長が主人公の作品は相当感情移入してしまいます。

実際に会社経営をしている立場からすると、ちょっと出来過ぎじゃないの、とか、いやー、それはちょっと、と思う部分もあるのですが、これはあくまでもエンターテイメントですから。そしてエンターテイメントとして、中小企業経営の苦しさと同時に楽しさ、醍醐味を広く一般に伝えるという意味で、とても素晴らしい作品だと思います。

エンターテイメントであって、経営書ではない。これを読んだからと言って経営ができる訳でもない。ただ、逆に経営書には書いていない本当に大事なことが表現されていますし、だからこそ多くの人に読まれるのだと思います。

それは会社を動かすのは、人であるということ、そして人を動かすのは想いであるということ。弥生はソフトウェアとサービスの会社ですが、それを作り、動かしているのは、人。そしてその人を動かすのは、想いです。それは弥生のお客さまである中小企業、個人事業主も同じです。

今回の陸王もまさに池井戸節全開でした。次作も期待しています。
posted by 岡本浩一郎 at 19:15 | TrackBack(0) | ビジネス

2016年08月10日

ワクワクするモノ

もうすぐお盆の時期。今年から新たな祝日「山の日」ができたということで、例年よりも少し長めのお盆休みになる方も多いのではないでしょうか。弥生のカスタマーセンターも、8/12(金)、8/15(月)、8/16(火)とお盆で休業とさせて頂きますが、山の日もあり、6連休となります。

さて、お盆も間近ということで、少し柔らかい話題を。職業柄(というよりも個人の趣味のような気のしますが)、新しいデジタルグッズは結構好きなのですが、最近はなかなかワクワクするモノがありません。PCがWindows 10になったから、こんなことができるようになった、これは買わなければということがなくなってきました。比較的新しめのデジタルグッズであるスマートフォンに関しても、新機種が出た、さあ買わなきゃ、とはならなくなってきました。

むしろ最近は白物家電の方がワクワクするかもしれません。例えば、DysonのドライヤーSuperSonic。確かに熱く感じない! それまでの普通のドライヤーが基本的な仕組みとしては何十年と変わっていないだけに、大きな進化を感じますし、ワクワクします。そこまでの進化ではないにしても、最近個人的にワクワクしたのが、10年振りぐらいに買い替えた冷蔵庫。ドアをタッチすると自動で開くのですが、これが結構嬉しかったりします。

そんな刺激がなくなりつつあるデジタルグッズですが、久し振りにワクワクしたのが、こちら。

2016081001.JPG

これ何だかわかりますか? 弥生の天然水と比較するとその小ささがご理解頂けるかと思います。実はこれプロジェクター。SmartBeam Laserというものですが、名前の示す通り、レーザーで画像を投射します。小ささだけでも驚きますが、さらにバッテリーも内蔵しており、外部電源が不要。さらにさらに、ワイヤレスディスプレイにも対応しているので、PCとケーブルでつなぐ必要もありません。メインマシンとして利用しているSurface Proもワイヤレスディスプレイ(Miracast)に対応しているので、バッチリですし、iPhoneからも簡単にワイヤレス(AirPlay)で接続できます。

ただ、小ささゆえの限界はあって、かなり暗いです(公称100ルーメンのはずですが、説明書には60ルーメンと書いてあります???)。夜はいいのですが、日中はそれなりに暗くできる環境でないと厳しい。

とはいえ、非常に気軽に持ち歩けるので、結構重宝します。最近は金融機関の方と打合せすることが結構増えてきているのですが、金融機関の会議室は意外にプロジェクターや大型ディスプレイがないことが多いので、そういった時には便利です。

あくまで会社で購入しているので、私用では使っていませんが、キャンプの時に日中撮った写真を夜投影して、といった使い方は結構盛り上がる気がします。
posted by 岡本浩一郎 at 15:00 | TrackBack(0) | 弥生

2016年08月08日

スマホアプリの機能改善

ScanSnap Cloud連携Misoca連携強化といったちょっとした機能改善シリーズ。今日はスマホアプリの機能改善についてお話しさせて頂きます。やよいの青色申告/白色申告 オンライン向けにスマートフォンアプリを提供していますが、先日(といってももう二ヶ月も前ですね…)、機能改善を行いました(iPhone版がこちら/Android版がこちら)。

2016080801.png

今回は、かなりまとまって機能改善を行っています。代表的なところでは、[取引一覧]画面から、取引を編集できるようになりました。これまではスマホアプリで入力した取引の編集は可能でしたが、PC/Macから入力した取引は参照しかできませんでした。今回の機能改善でその制約が解消され、かなり自由に取引の参照・編集ができるようになりました(ただし固定資産に関する取引や複合仕訳など、一部編集できない取引もあります)。

2016080802.png

また、ご要望が多かったのですが、直前に登録した取引をコピーして入力することもできるようになりました。これによって、同様な取引を連続して入力する際の効率が大幅に向上しました。細かいところでは、取引先や摘要を入力する際に、入力候補が表示されるようになりました。毎回入力しなくても、候補の中から選ぶことができるようになりました。さらに、取引入力の際に、源泉徴収税額を入力できるようになりました。

これらの入力機能は、PC/Macでの入力機能としては既にあったものです。今回の機能改善によって、機能性がかなり近付いたことになります。一方で、スマホならではの直感的な使い勝手も大事にしています。PC/Mac、スマホ、タブレットといったデバイスによって、特性や使うシーンが異なりますから、共通化する部分は共通化しながらも、そのデバイスの良さを最大限に活かしたいと考えています。スマホアプリの良さは、外出中も含め、ちょっとしたすき間時間に入力したり、データを確認できることですから、ちょっとした入力・参照用としてストレスなしに使って頂けるように、さらに改善を図っていきたいと思っています。

そうそう、現時点でスマホアプリを提供しているのは、やよいの青色申告/白色申告 オンラインですが、法人向けとなる弥生会計 オンライン向けにも準備を進めています。こちらも楽しみにして頂ければ幸いです。
posted by 岡本浩一郎 at 15:10 | TrackBack(0) | 弥生

2016年08月04日

なぜ間違えるのか

大阪のカスタマーセンター/大阪支店が移転して約3ヶ月が経ちました。皆はもうすっかり慣れたようで、南港の旧オフィスは過去の思い出になりつつあるようです。私は出張ベースなので、まだ数回ですが、ランチの時に違いを感じます。旧オフィス(南港)は年々寂れ、ランチのお店の選択肢が極めて限られていた(しかも徐々に減っていく)のですが、新オフィス(淀屋橋)はよりどりみどり。選びたい放題です。今回のランチもなかなかgoodでした。

さて、以前もお話しした通り、大阪新オフィスは2フロアに分かれています。10階がいわゆるカスタマーセンターで、11階は大阪支店や会議室、休憩スペース、拡張スペース。しかし、私はなぜだかこの上下関係を間違えます。しかもほぼ毎回。10階から9階に降りてしまったり、11階から12階に上がってしまったり。ちょっと前は9階や12階に入れないことで間違ったことに気付いていたのですが、最近はさすがに階段の途中で気が付くようになりました。多少は前進?

2016080401.JPG

何でこんなに間違えるのか、自分でもよくわかりません。考えられる理由は二つ。一つはそもそも設計段階では10階と11階が逆であったこと。移転前に、ビルオーナーの都合で上下をひっくり返すことになりました。もう一つは、同じく2フロアに分かれている札幌で、上がメインフロア、下が増床したフロアとなっていること。ただ、札幌ではメインフロアに会議室があるので、あまり上下を行き来することはありません。うーん、いずれも仮説ですが、なぜこんなに間違えるのか説得力はありませんね。

どなたか間違えない方法を編み出したら教えて頂けないでしょうか > 社内の皆さん。

2016080402.JPG

ところで、11階には拡張スペースとして結構広い空きスペースがありますと以前ご紹介しましたが、この冬の繁忙期に向けて既に利用が始まりました。利用を始めたのは拡張スペースの1/4程度で、まだまだ空きスペースはあります。ビリヤード台なり、卓球台(笑)を置くなら早めにしないと、いつの間にやらすっかり埋まっているかもしれません。
posted by 岡本浩一郎 at 21:17 | TrackBack(0) | 弥生

2016年08月02日

相互レビュー

ここしばらくで、弥生の経営陣である本部長が集まって本部長合宿を行っています。合宿といえば熱海にでも行きたいところですが(たとえばオリックスグループのこことか)、実際にはオフィスの会議室に缶詰めになるだけです(苦笑)。

お蔭さまで弥生の業績は好調が続いていますし、今後の成長エンジンである弥生オンラインもようやく立ち上がりつつあります。だからこそ、さらなる成長を考えようということで、弥生の10年後についても議論をしています。

同時に、議論をする上で、まずお互いの理解を深めると同時に、自分の経営スタイルを振り返るという意味から、相互レビューというものを行っています。これは経営陣それぞれが、自分の経営スタイルを振返ると同時に、マネジメントとしての自分の強み、弱みを自己分析します。同時に、周囲にも、周りから見たその人の強みや弱みを書いてもらうというもの。自分自身で振り返るだけでなく、周囲にも評価してもらうことによって、客観的な自己分析が可能になります。

2016080201.jpg

強みに関してはここに書くのは何ですので、自分自身で認識している自分の弱みは…

  • 気分/機嫌/仕事のペースにムラがある
  • 人の話を十分に聞かないことがある
  • 自分の意見を曲げないことがある
  • (当人にそのつもりがなくても)不遜に見えてしまうことがある

お恥ずかしい限りですが…。一方で、周囲の評価としては、

Iさんから
  • 行き過ぎた完璧主義
  • 自分は正しい/全てに完璧を求め過ぎる/行き過ぎたマイクロマネージメント
  • 失敗を認めない
  • 弱みを見せない

Nさんから
  • 傾聴力・傾聴姿勢に課題
  • 冷笑的な笑い方を改める

手厳しいですね(苦笑)。正直凹みます。自己評価と通ずる部分も多々ありますが、改めてそう見られているのかということを実感します。40数年間に渡って確立されてきた自分のスタイルなので、一朝一夕に改善することはできませんが、どう見られているのか、どう振る舞うべきなのかを意識する良い機会になっています。
posted by 岡本浩一郎 at 21:21 | TrackBack(0) | 弥生

2016年07月29日

もくテク#1開催

約一ヶ月前の話になりますが、弥生本社の会議室で、「もくテク」という勉強会を開催しました。弥生 x Misocaのコラボでの初の合同勉強会、なおかつ、広く一般に公開された勉強会です。

2016072901.jpg

エンジニアによるエンジニアのための勉強会ということで、私はあんまり出しゃばってもなあ、と参加は(私にしては珍しく)遠慮しました。元エンジニアとしては興味津々ではあったのですが(笑)。当日は社外からの参加者が20人弱とかなり盛り上がったようです。競合の会社からも参加者があり、いい意味で刺激になったのかも。参加者にはアンケートもお願いしたのですが、(大変)満足という回答も多く頂き、第一回目としてはそれなりに良い出来になったようです。

ただ、勉強会の開催は不慣れというのは事実ですし、当日は、プレゼンを予定した弥生のKさんが(珍しく)体調不良で急遽登壇見送りになるなど、突っ込みどころもありました。企画チームとしては、一回目の経験を踏まえ、二回目以降はより良いイベントにしたいと意気込んでいるようです。

で、二回目は、ということで企画チームに聞いてみたのですが、なになに2ヶ月に一度ということで8月を予定していたものの、開発プロジェクトが盛り上がっている中で厳しそう…、何とか10月に…、というやや弱気な回答が返ってきました(苦笑)。まあ、やむを得ない部分はあるかと思いますが、続けることが肝心ですよ > 関係者各位。もくテクと共に鳴り物入りで(!?)始まった弥生開発者ブログも更新は少な目(と思ったら思いが通じたのか、今日更新されていますね)。こちらも質より量でとにかく回数を追う必要はないと思うのですが、コツコツと続けていってもらいたいな、と思っています。

勉強会の後には有志での懇親会。私は勉強会の時間は社内の別の飲み会(とある企画の決起会)に参加していたのですが、そちらが終了後、もくテクの懇親会に合流してみました。事前に何も言っていなかったので、結構皆さんに驚かれてしまいましたが、温かく迎え入れて頂けました。ビジネスサイドでは他社の方と色々とお話しすることは多いですが、他社のエンジニアの方とお話しする機会は多くはないので、なかなか新鮮で楽しかったです。現場主導の企画ですが、今後もお邪魔しない程度に交ぜてもらいたいなと思っています。
posted by 岡本浩一郎 at 18:21 | TrackBack(0) | 弥生