2009年12月28日

年末の嬉しいニュース

いよいよ年の瀬。弥生の年内営業は本日までとなります。

弥生も世界的な厳しい経済情勢の影響を受け、今年は厳しい一年となりました。そんな中でも、多くのお客様にご支持を頂き、マーケットシェアを大きく向上させることができました。お客様のご支持にお応えするためにも、今度は弥生としてお客様を支えていきたいと考えています。新製品「10シリーズ」を12/4に発売開始しましたが、これと同時に、お客様を支えるための新しいサービスも立ち上がっています。次回以降、こういった新サービスについてもご紹介したいと考えています。

さて、年内最後ということで、良いニュースを共有させて下さい。来年4月からの新卒新入社員として4名の入社が決まりました。製品本部(製品開発)が2名、マーケティング本部(営業/マーケティング)が2名です。実は弥生は過去10年ほどは新卒採用をほとんど行ってきませんでした。即戦力を重視するあまり中途採用に限定していたわけですが、組織としての健全な発展のためには、やはり若い人からの突き上げ(?)が必要ということで、2年前から新卒社員の採用を再開しました。昨年(2008年)の新卒社員が1名、今年(2009年)が2名、そして来年が上述の通り4名となります。

製品開発での採用はインターン制度も含め、かなり計画的に実施していますが、営業/マーケティングでは、他の企業との競合も激しく、あえて採用活動の時期をずらしてみました。そのお陰か、今回営業でも期待の新人2名の採用が決まったというわけです。

私も弥生の社長になって来春で2年となりますが、当初抱いていた「何故?」という疑問がいつの間にか「当たり前」になってしまうことに危機感を覚えています。何もしなければ組織は停滞するもの。来春の新入社員には、フレッシュな観点で弥生の課題を考えてもらい、共に行動していきたいと考えています。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。
posted by 岡本浩一郎 at 20:30 | TrackBack(0) | 弥生

2009年12月25日

UNITED PEOPLE

先日の横浜社会起業応援プロジェクト勉強会で、参加されていた関根健次さんから本を頂戴しました。今日(12/25)発売ということなのですが、題名は、「UNITED PEOPLE」。世界中の人と人をつないでいき、力を合わせてよりよい世界を創っていきたいという関根さんの想いであり、同時に関根さんの会社の名前(株式会社ユナイテッドピープル)でもあります。

関根さんの想いが溢れんばかりに詰まった本で、あっという間に読み終えてしまいました。10年前、パレスチナでの少年との予期せぬ出会いから始まり、起業に至るまで、起業してからの苦闘、そして想いが形になり、さらに広がりつつある現在まで。物理的にも経営的にも危なっかしい部分が多々ありますが、そんなことを吹き飛ばしてしまうような関根さんの想いとその行動力に圧倒させられます。

キチンとした計数管理によって生き延びることの必要性を訴えたい私としては、関根さんの行動はやや無謀にも見えますし、関根さんの考え方の全てに諸手を挙げて賛成するわけではありません。ただ、それ以上に響いてくるメッセージは、「誰でもが、社会を変える力を持っている」ということ。

誰もが足を踏み入れることをためらう場でのボランティアでなくとも(もちろんそれは素晴らしいことですが)、社会を変えることはできます。事業(ある意味、お金を稼ぐこと)を通じても世界を変えることができるということは、関根さんが証明しています。もっと言えば、ボランティアあるいは社会起業家でなくても、彼らを応援することで、社会を変えることができます。誰でも、ちょっと一歩踏み出せば良いのです。

皆がそれぞれの立場でできることをする。もちろん、私もその一員でありたいと思っています。
posted by 岡本浩一郎 at 22:44 | TrackBack(0) | 起業

2009年12月24日

横浜社会起業応援プロジェクトと横浜ベンチャーポート

火曜日の夕方に横浜社会起業応援プロジェクトの勉強会に参加しました。大川印刷の大川社長と共に、講師を務めさせて頂きました。このプロジェクトは、横浜市が社会起業家の輩出を目指し、その支援のために行っているプロジェクトです。私からは、起業経験者として「起業のウソ・ホント」といったお話をさせて頂きました。ポイントをご紹介しますと...

×「起業は特別なこと」
○ 年間20万件以上あり、決して特別なことではない
×「起業は大変なこと」
○ 起業自体は簡単、ただし、本当に大変なのは生き延びること
×「起業した以上は、上場を目指さないと」
○ 上場はピーク時でも年間200件で例外的存在、重要なのは事業規模の大小よりもやりたいことをやり続けること


今回は社会起業応援ということで、「社会起業のウソ・ホント」についてもお話しました。

×「社会起業では利益は度外視」
○ 事業継続のためにはお金が必要
× 「社会起業家は薄給であるべき」
○ 適切な報酬はキチンと得るべき
× 「社会起業(企業)と一般の起業(企業)は相容れない」
○ 両者の協業により、より大きな変革を生むことが可能


一番お話ししたかったのが、社会起業とお金ということ。社会起業は社会への貢献を目指すゆえにお金をタブー視するきらいがありますが、事業を継続し、より大きなインパクトを社会に与えるためには、正々堂々とお金を稼ぐべきだと考えています。既に起業されている参加者からも同様の意見がありました。

勉強会の後の懇親会を早めに退席させて頂いて、その足で横浜ベンチャーポートに。こちらは横浜市が民間会社(あきない総合研究所)に運営を委託している起業支援施設です。「社長1年生のためのお金にまつわる講座」全12回の最終回ということで、ご挨拶に伺いました。この講座の開設にあたっては、弥生として講座内容の策定や講師のご紹介といったお手伝いをさせて頂きました。大変好評だったということで、改善すべき部分は改善しつつも、継続的に開催できるよう今後もお手伝いさせて頂きたいと思っています。今回、講師としてご活躍頂いた関先生山口先生、有難うございました。

しかしこうやって見ると横浜市の起業支援は充実していますね。浜っ子として誇りに思います。

今日はクリスマス・イブですね。皆さま、Merry Christmas!

posted by 岡本浩一郎 at 11:21 | TrackBack(0) | 起業

2009年12月22日

イベントでヒヤヒヤ

先週金曜日/土曜日に名古屋と大阪で計3回の発売記念イベントを開催しましたが、このうち、ビックカメラなんば店様でのイベントの模様をなんば経済新聞に取材頂きました。掲載して頂いた記事がこちら

この記事では色々とご配慮頂き、何事もなく無事にイベントを開催したように書いて頂きましたが、実際には結構バタバタしてしまいヒヤヒヤものでした。この種のイベントでは、大体1時間前に現地入りし、会場の最終設営/チェックを行います。この回は会場入りが45分前となり、やや時間に追われての準備となりました。ただ、そこは回数を重ねていますので、いつも通り進めます。開始10分前には準備万端... と思ったものの、ここで重大な問題が発覚。

イベントで使用するスピーカーセットは、持ち込みさせて頂くことが多いのですが、何故かマイクがない! どうやら機材の搬入に使用した車両に置き忘れたようです。慌ててスタッフのHさんが取りに向かいます。が、待っている間にイベント開始時間。お待ち頂いているお客様にお詫びをしながらHさんの帰りを待ちます(Hさんはきっと走れメロスの気分だったと思います)。

イベント開始時間をちょっとだけ過ぎてようやくHさんが帰還。が、ここで再び問題が発覚。スピーカーから音が出ません。色々といじってみますが、うんともすんとも言わず。どうやら無線マイクのバッテリが切れてしまったようです。スタッフのMさんによれば前の晩に疎通確認はしたようですが、どうやらそれでバッテリが尽きてしまったようです。ここでスタッフNさんが慌ててバッテリの調達に走ります。

再びお客様にお詫びをしながら待っていると、バッテリが到着。震える手でバッテリを交換すると、ようやく音が出ました。こうしてようやくイベント開始に漕ぎつけましたが、結果的にお客様にも、なんば経済新聞の記者の方にも10分以上待って頂くことになってしまいました。本当に申し訳ありませんでした。システム開発ではよくある話ですが、こういったハプニングは重なるものです。だからこそ、念には念を入れた準備が必要だと一同反省しております。

年内の発売記念イベントはこれで終了ですが、年明けから装いを新たにイベントを開催する予定です。この場でも順次お知らせさせて頂きますので、宜しくお願い致します。
posted by 岡本浩一郎 at 16:16 | TrackBack(0) | 弥生

2009年12月21日

Enterprise Watchに掲載頂きました

Enterprise Watchの「キーマンインタビュー」で私のインタビューを掲載して頂きました。業務ソフトメーカーのトップへのインタビューシリーズとして取り上げて頂きました。このシリーズではOSKさんPCAさん応研さんとご一緒させて頂いているのですが、実際の各社のユーザー層はやや異なります(この中で言えば、弥生は最も小規模法人や個人事業主寄りです)。とはいえ、こういった名立たる会社さんと同列に扱って頂いているのは本当に有難いことです。ユーザー層は最も小規模ですが、その代わりユーザー数が圧倒的に多いことをご評価頂いているのではないかと思います。

このインタビューの冒頭でも取り上げて頂いていますが、やはり弥生の最大の強みは、これだけ多くのお客様(登録ユーザー数で75万)にご支持頂いていることだと考えています。多くのお客様が弥生を信頼し、選択し、使い続けて頂いていること、弥生に対するご評価としてこれ以上のものはないと思います。弥生をお買い上げ頂くお客様は、既存のお客様からのご紹介というケースも良くあるようです。現在では、会計ソフトおよび青色申告ソフトにおいては二人に一人は弥生を選んで頂いています。

同時に、これだけ多くのお客様の「厳しい目」にも晒されているわけですから、お客様のご期待を裏切ることがあってはいけません。お客様のためになることを一つでも多くしたい、同時に、できないお約束をしてお客様を裏切ることがあってはいけない。難しいジレンマですが、少々時間はかかっても、確実にお約束できるものを提供していきたいと考えています。
posted by 岡本浩一郎 at 09:50 | TrackBack(0) | 弥生

2009年12月17日

インターン生の旅立ち

2009121701.jpg10月から頑張ってくれていたインターン生2名(左Sさん/右Yさん)が本日でインターン期間を終え、学校に戻ることになりました。Sさん&Yさん、約二ヶ月半、本当にお疲れさまでした。

お二人には、12/4に発売となった「弥生 10 シリーズ」のリリースに向けた色々なタスクをお手伝い頂くと同時に、一部コードのリファクタリングに従事して頂きました。お二人のリファクタリングの成果は、弥生販売と弥生顧客の次期バージョンから反映されることになります。お二人とも、学校でプログラミングを勉強されていますが、やはり学校で学ぶのと、現場で体験するのは大きな違いがあったことと思います。私も中学生時代からプログラミングをしていましたが、当時は一人での開発で、当然のことながらプロジェクト管理という概念もなく、品質を作り込むという概念もありませんでした。しかし、開発の現場では、品質の高い製品を、プロジェクトとして、チームで作り上げていく必要があります。

弥生では過去2年間で、プロジェクト管理手法や開発ツールを含め、開発手法の大幅な進化を進めてきました。このお陰もあってお二人には、最先端の開発現場を体験してもらえたのではないかと思います。

お二人の今後のエンジニア人生に幸多きことを願っています。これまで弥生のインターン制度はエンジニアのみでしたが、来年からはできればマーケティング/営業でもインターン生を迎えたいと考えています。
posted by 岡本浩一郎 at 18:36 | TrackBack(0) | 弥生

2009年12月16日

取材

今日は、新聞の取材が一件。今回は地方紙で、弥生や私自身に関する話もありましたが、話の中心はなぜ弥生が起業を支援しようとしているのか、でした。ネタばれになりますので、具体的な内容は実際に掲載された後に。

弥生のPRということで、メディアの取材は極力お受けするようにしています。これまでも様々なメディアから取材頂いていますが、トピックも本当に様々です。最近で言えば、やはり新製品「弥生 10 シリーズ」にかかわるものが多いですね。例えばマイコミジャーナルのこちら。一方、なかには、弥生というよりも、弥生の社長としての私にフォーカスをあてた取材もあります。比較的最近あったのは、日刊ゲンダイの「社長の私生活」というコーナーの取材です。実際の記事はこちら。記事を読んで頂ければ、よくここまでぶっちゃけるな、という感じですが、実際取材の際もかなり突っ込んだ質問が多く、たじたじでした。ただ、一度お受けした以上は、お答えしないとということで、腹を括っています。社内的には結構受けたようですが、お客様からは「調子にのっているんでは」というお叱りも弊社カスタマーセンターに頂戴しました。なかなか、難しいところです。

今日はもう一件、あるウェブサイトで予定している連載に関する打ち合わせもありました。こちらは取材ではなく、寄稿となります。エンジニアの読者中心ということで、元エンジニアとしての想いを書いてみたいと思っています。連載が始まった段階で、こちらでもご報告したいと思います。
posted by 岡本浩一郎 at 18:48 | TrackBack(0) | 弥生

2009年12月15日

発売記念イベント @ 名古屋 & 大阪

今週の発売記念イベントは、12/18(金) 14:00-15:00にビックカメラ名古屋駅西店様で、翌19日(土)は13:00-14:00にヨドバシカメラマルチメディア梅田店様、15:30-16:30にはビックカメラなんば店様で開催致します。いよいよ東京脱出です。特に名古屋については初の開催になりますので、個人的にも楽しみにしています。

実は私、プロフィールにもあるように横浜生まれの横浜育ちの「浜っ子」なのですが、父親も母親も名古屋出身で、家系的には名古屋モノなのです。お陰でいまだに味噌といえば、「赤だし(豆味噌)」です。生まれてからずっと赤だしの味噌汁を飲んでおり、小学校の林間教室で出てきた普通(?)の味噌汁を見て、「なんだ、これ」と思った記憶があります。周りを見たら普通に飲んでいるので、実はビックリしていたのに言えなかったのはここだけの話です。

今でも名古屋に行くと好んで食べるのが味噌煮込みうどん。行く度に食べているので、同行している社員にはそろそろ迷惑がられているのではないかと少々心配です。
posted by 岡本浩一郎 at 20:04 | TrackBack(0) | 弥生

2009年12月14日

友人の大切さ

先週金・土曜日と二日連続で発売記念イベントを開催しました。金曜日は冷たい雨、土曜日は一転良い御天気で、お客様の入りが心配されましたが、ふたを開けてみれば両日ともに盛況でした。

イベントは、デモを含めたプレゼンテーション、賞品の抽選会、個別の相談会という順番です。プレゼンテーションとデモを通じ、できるだけ広い範囲で弥生の特徴や良さをお伝えしようとしていますが、やはり30分弱ではお伝えできることに限りがあります。そのため、プレゼンテーションと抽選会が終わった後に、個別にご相談をお受けしています。金曜日は男性の方とお話したのですが、その方はご友人から会計処理をどうするか、どういったソフトを使ったら良いかという相談を受けているとのこと。私からは、会計事務所との付き合い方、特にどこまでを自社で処理して、何をお願いすると良いかといった点でアドバイスさせて頂きました。実は、私がかつて自分の会社を起業した際、全く同じことに悩んだのです。

結構長い話になりますので、また機会をみてご紹介したいと思いますが、結局私は友人の友人からアドバイスを受けることができました。友人は起業する前に勤めていた会社の同僚、そしてその友人の親友が名古屋の会計事務所で働いているということで、その方からアドバイスを受けることができたのです。起業したてで右も左もわからない中で、本当に助かったことを覚えています。

友人の大切さも含め、起業すると人の「ご縁」を感じることが良くあります。今回ご相談頂いた方には、「わかりました、友人には弥生を薦めておきます」と言って頂くことができました。これも何かのご縁ですね。
posted by 岡本浩一郎 at 15:02 | TrackBack(0) | 弥生

2009年12月11日

年賀状

2009121101.jpg

昨日から年賀状の準備を始めています。いつもギリギリまで苦しむので、今年は例年になく早めの着手です。昨年は450枚弱でしたが、今年は5〜600枚ぐらいになりそうです(写真に写っている量で600枚です)。

一つの拘りとして、一枚一枚手書きの一言を添えています。たった一言でも、その方のことを考える時間が重要だと思っています。ただ、昨年の450枚もきつかった(+個人で出す分も100枚程度あります)ので、いつまでこのこだわりを維持できるか、ちょっと心配です。時間が必要なのはもちろんのこと、手が痛くなってしまうので... というわけで、今年は計画的に進めていこうと思っています。目論見としては、来週中には住所の整理を終え、21日の週には一言の手書きにとりかかり、25日には完了を目指していますが、さてどうなることやら。本当は、お客様一人一人にお送りしたいのですが、現時点での登録ユーザー数が75万以上、一年間に新たにお買い上げ頂く本数でも8万本以上ですので、さすがに難しそうです。

今日は17:00からビックカメラ新宿西口店様で発売記念イベントを開催します。冷たい雨が降っていますので、集客がちょっと心配ですが、新宿駅直結ですから、濡れずにお越し頂けます。一人でも多くの方にお会いできることを楽しみにしています。
posted by 岡本浩一郎 at 13:55 | TrackBack(0) | 弥生

2009年12月10日

北関東のとある都市で

昨日は北関東のとある都市まで行ってまいりました。午後一杯かけて量販店様4店舗の売り場のメンテナンスです。先週12/4(金)に新製品10シリーズが発売となりましたが、残念ながら12/4に全国津々浦々の量販店様で新製品が直ちに展示される、というわけではありません。お客様のなかには新製品発売後なのに旧製品が展示されていて、「あれっ?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。新製品がキチンと展示されるためには、多くの場合弊社のスタッフがお店をお伺いして、売り場のメンテナンスをさせて頂く必要があります。

今現在、弥生では、11名のリテール営業部員と30名のフィールドスタッフで全国(北は北海道から南は沖縄まで)1,230の量販店様の売り場メンテナンスを実施しています。大都市圏の大型店舗については、社員が担当しており、こういったお店では、発売日には売り場も完璧です。一方で郊外の店舗に関しては、フィールドスタッフが中心となってメンテナンスを行っています。発売日の少し前から順次メンテナンスを行いますが、メンテナンスが一通り終わるまでに1ヶ月程度を要します。

今回お伺いした4店舗のうち、3店舗はフィールドスタッフのOさんによって既に10シリーズの展開が済んだお店でした。ただ、最初に新製品の展開を行う際は時間に追われての作業となるため、二回目の訪問で細かい部分のブラッシュアップを行います。量販店様の売り場は弥生にとっての「顔」となる重要な存在ですので、心を込めて細かい部分の手直しを行います。もう1店舗はまだ10シリーズの展開が済んでいないお店でしたので、Oさん、同行のNさんと3人で、旧製品のパッケージやカタログを撤去すると同時に、新製品のパッケージやカタログ、POP等の陳列を行いました。結構な体力仕事であると同時に、どのようにお見せするかという部分ではセンスも要求されます。どのように陳列するかについては、当然社内ガイドラインがあるのですが、実際の売り場は店舗ごとに異なるため、店舗の特性にあわせて臨機応変の対応が必要となります。

私は残念ながら全てのお店でのメンテナンスに立ち会うことはできませんが、できる限り機会を作ってお店をお伺いするようにしています。現状を正確に把握することが直接の目的ですが、お店の方にご挨拶させて頂くことによって、「作り手」に親近感を持ってもらえることも大きなメリットですね。今年も一店舗でも多くの量販店様をお伺いするつもりです。
posted by 岡本浩一郎 at 14:53 | TrackBack(0) | 弥生

2009年12月08日

今週の発売記念イベント

今週の発売記念イベントは、12/11(金)の17:00-18:00に、ビックカメラ新宿西口店様で、また、12/12(土)の14:00-15:00に、ビックカメラ池袋本店パソコン館様で開催致します。

12日は今年初めての週末開催となりますので、ウィークデイはなかなか時間が取れないという方に是非ご参加頂きたいと思います。

基本的には弥生製品のご購入を検討頂いている方向けのプレゼンテーションおよびデモとなります。同時に、既にご利用頂いている方の応援、弥生の社長ってどんな人?という方のご参加もお待ちしております。ただしこの場合は、イベントの場所を提供頂いている量販店様のために、弥生以外のPC/家電製品のご購入を是非ご検討頂ければ幸いです。

イベント後半では、抽選でプレゼントも差し上げていますので、是非ご参加下さい。
posted by 岡本浩一郎 at 18:21 | TrackBack(0) | 弥生

2009年12月07日

高校生が日本を変える

土曜日に開催された横浜ビジネスグランプリ2010にはU-22という22歳以下の部門がありました。ビジネスプランコンテストですし、U-22といえば当然大学生によるものと思われがちですが、何とファイナリストの一名は高校生。東京都立葛飾総合高校3年生のIさん。提案されたのは「MCK(マーケティングとコミュニティと高校生)」という事業で、一人暮しをしたいという女子高生の願いをいかに商店街の活性化につなげるかという、なかなか斬新なプランでした。

収益性といった点に関しては、正直荒削りな部分もありましたが、発想力という意味では素晴らしいプランでした。プレゼンもバッチリ。残念ながらU-22部門の優秀賞は僅差で逃しましたが、将来が楽しみです。Iさんは実際に起業を真剣に考えているということ。こういった高校生が続々と生まれれば日本の将来も変わると思います。

東京都立葛飾総合高校は2年前に開校した都立の総合学科高校だそうです。「生徒一人一人の興味関心や進路希望に応じて、100を超える多様な選択科目の中から自分で科目を選択し時間割を組み立てて学習する新しいシステムの学校」とのこと。こうやって実際に起業家の卵が生まれてきているところを見ると、今後もますます期待できそうです。

2009120701.jpg大交流会で一緒に記念撮影しました(私のすぐ左がIさん)が、自分の半分以下の年齢の女子高生と一緒だと、やや緊張気味です。
posted by 岡本浩一郎 at 17:48 | TrackBack(0) | 起業

2009年12月05日

横浜ビジネスグランプリ2010

今日は横浜ビジネスグランプリ2010の決勝大会(ファイナル)が開催されました。これは財団法人横浜企業経営支援財団が主催し、横浜市が後援するビジネスプランコンテストです。

このイベントには弥生も協賛させて頂き、また私自身も特別審査員という大役を務めさせて頂きました。午後一杯かけての長丁場でしたが、非常に楽しかったです。今回は、U-22部門で3名、一般部門で6名のファイナリストによるプレゼンテーションがあったのですが、皆の熱い想いをヒシヒシと感じました。

私もかつての起業時代を思い出し、起業って(大変だけど)やはりいいなあ、と実感。本日賞を取られた方はもちろんのこと、残念ながら賞を逃した方(それでもファイナリストですから、すごいです)、今回はファイナルに進めなかった方、皆さん是非、想いをとげて成功してもらいたいと思います。

2009120501.jpgやや我田引水ですが、弥生としても起業家の皆さんを少しでもお手伝いできればと願っています。写真は第二部として開催された「大交流会」の最後で撮影した集合写真です。皆、いきいきとした表情です。
posted by 岡本浩一郎 at 21:24 | TrackBack(0) | 起業

2009年12月04日

12/4の発売記念イベント

さて、記念すべき発売日ということで、量販店での発売記念イベントを開催しました。まず13時からは、ビックカメラ有楽町店様でのイベントです。さすがにWindows 7の発売記念イベントには遠く及びませんが、お陰様で多くのお客様に参加頂くことができました(数えてはいませんが、30名は超えていたでしょうか?)。内容としては、弥生についてのプレゼン、弥生会計のデモ、そして最後にイベントに参加して頂いたお礼として景品が当たる抽選会を行いました。

2009120402.jpg御覧のように弥生のはっぴを着てのプレゼンとデモです。こちらのイベントについては何社かに取材して頂きました。すでにEnterprise Watchさんで記事としてアップして頂いています(いつもながら素早い記事化は見事ですね)。


15時からはヨドバシカメラマルチメディアAkiba様でのイベントでした。こちらもお陰様で大盛況です。この種のイベントで嬉しいのは、これから弥生を使ってみようという方だけではなく、既にご利用の方にも来て頂けることですね。弥生のホームページでも告知を行った効果か、もう長い間弥生を使っているというお客様にも来て頂き「頑張れよ」と励まして頂きました。はい、頑張ります!
posted by 岡本浩一郎 at 19:15 | TrackBack(0) | 弥生

10シリーズ発売開始

本日12/4(金)は、弥生の社員全員にとって本当に嬉しい一日です。過去1年間、開発と準備を進めてきた新製品「10シリーズ」の発売日を無事迎えることができました。


このブログでは、新製品や新サービスの紹介も交えながら、弥生の想いを弥生社長という個人の視点でお伝えしていきたいと思います。

2009120401.jpg
posted by 岡本浩一郎 at 18:15 | TrackBack(0) | 弥生