2016年03月11日

あれから5年

東日本大震災からちょうど5年が経ちました。それなりに時間が経ったようにも思えますし、あっという間と言えばあっという間。あの時の記憶が薄れてきているという意味で時間は確かに経過しています。東京で暮らしている限り、良くも悪くも震災の影響を感じることもなくなりました。あの時の危機感はどこに行ったのでしょうか。一方で、もう5年も経ったのか、と思うのも事実。あっという間の5年間。

モノは溢れんばかりに豊富、街は安全。当たり前だと思っていた平穏が、実は当たり前ではないということを痛感した5年前。この5年間、平穏に暮らすことができたことの幸せを実感します。

当時は3歳だった娘ももう8歳。当時は幼稚園入園前だった娘が小学校に行くようになって、通学中に地震があったらどうするか、たまに話してはいますが、家族みなで今一度どうすべきか、話し合ってみたいと思います。また、危機感を持って買いそろえた備蓄品もモノによってはもう期限切れになっているでしょうから、再確認も必要ですね。

5年といえば、一区切りの時間に思えますが、被災地の本当の復興はまだまだこれから。微力ではありますが、弥生はこれまで復興のための支援活動を続けてきました。弥生のスモールビジネス応援プロジェクトブログでは、弥生のこれまでの取り組みを振返っています。正直、試行錯誤しながらの5年間でしたが、悩みながらでも続けることに意味があると思っています。今後も、もう必要ないと言われるまで、地道に、しっかりと続けていきたいと思っています。

最後になりましたが、お亡くなりになられた方々へ心より哀悼の意を表します。
posted by 岡本浩一郎 at 18:22 | TrackBack(0) | 弥生