2016年04月01日

新製品発売のお知らせ (April Fool!)

売上実績No.1の業務ソフトウェア「弥生シリーズ」を提供する弥生株式会社(本社: 東京都千代田区、代表者: 岡本 浩一郎、以下 弥生)は、本日4月1日、新製品として「どんぶり会計 XP」の発売を開始致しました。

2016040101.png

弥生が提供する「弥生会計」は、1987年の発売開始以来、30年近い歴史を有し、日本で最も多く利用されている会計ソフトです。また、弥生は2014年よりクラウド事業を本格展開しています。現在では、「弥生会計 オンライン」、「やよいの青色申告 オンライン」、「やよいの白色申告 オンライン」といった各種クラウド会計ソフトを提供しており、個人事業主の利用シェアNo.1を誇っています。

弥生はNo.1メーカーとして、より多くの事業者に会計ソフトをご活用頂き、市場を拡大する責務があると考えています。昨年来より市場調査を実施し、未だ会計ソフトを利用されていない事業者のニーズを調査したところ、「既存の会計ソフトは数字に細かすぎる」「もっとテキトーに利用できる会計ソフトが欲しい」といった声が一定数存在することがわかりました。

こういったニーズを踏まえ、弥生では、「ざくっと、アバウト、テキトー」をキャッチフレーズに、新製品「どんぶり会計 XP」を開発し、この度発売を開始致しました。

どんぶり会計 XPは、テキトーな会計を実現するために、売上に関しては1,000円未満切り捨て、経費に関しては1,000円未満切り上げで管理致します。また、どんぶり会計 XPにはファンクションキー【F8】一つで二つの帳簿を切り替える機能を有しています。どんぶり会計 XPは、弥生のアジア進出のための戦略製品としても位置付けられており、アジアの一部市場においては、二重帳簿が必須機能であるとの市場調査を踏まえた機能です。

なお、どんぶり会計 XPは、動作環境としてWindows XPに限定しています。これはマイクロソフト社によるサポートが終了し、セキュリティリスクが懸念されるWindows XPを意図的に利用することによって、万が一裏帳簿が発覚した際に、ハッキングによって勝手に作成された帳簿であるとの言い訳を可能にするためです。

どんぶり会計 XPは本日より日本市場で発売を開始し、順次アジア各国での発売を予定しています。

続きを読む
posted by 岡本浩一郎 at 15:45 | TrackBack(0) | 弥生