2016年09月23日

NN構想の会

今月上旬に、NN構想の会という会計事務所の団体の「第17回 全国大会」に参加させて頂き、その分科会において1時間半ほど講演させて頂きました。

NN構想の会は、IG会計グループの岩永先生が発起人として立上げられた団体で、その名称は、“ネットワークのネットワーク化構想”に由来しています。会計人を中心として組織化された団体(ネットワーク)のネットワーク化を図ることにより、会計業界のフロンティア集団として、新しい時代のパラダイムに貢献できる"日本の礎"を構築することを目指しています。弥生のPAP会員制度も、このネットワークの一つとしてNN構想の会に参加しています。

2016092301.JPG

全国大会は2日間に渡り、二日目はいくつかの分科会にわかれて開催されます。それぞれ多様なテーマで人気が集中しそうな分科会も多い中で、自分が講演を行う分科会Cにどれだけ参加頂けるのか、少々不安に思う部分もありましたが、ふたを開けてみればかなりの盛況でホッとしました。これは分科会前半を担当された財務維新研究会の岡本さんのお蔭かもしれませんが(偶然ですが、分科会Cのスピーカーは前半は弥生フォーラムにご登壇頂いた行本会計事務所の岡本さん、そして後半が私とダブル岡本になりました、笑)。

私がお話しした内容は、基本的には弥生フォーラムでお話しした内容と共通です。つまり、会計業界のこれからを弥生がどう見ているのか、またその中で弥生がどういった役割を果たそうとしているのか。ただ、弥生フォーラムはデモも含め45分とかなり限られた持ち時間でしたので、重要なポイントはおさえつつも、かなり駆け足でのプレゼンテーションでしたが、今回は1時間25分と充分な時間があったため、なぜそう考えるのか/そうするのか、といった背景も含めてキチンとお話しすることができました。

例えば、弥生フォーラムでも、最近の流行り言葉であるFinTechやAIについて、弥生がどう捉えていて、どうしようとしているのかを簡単にお話しさせて頂きました。一方で、今回は、なぜそう考えるのかといった点まで掘り下げてお話しすることができたため、より理解がしやすかったのではないかと思います。実際、弥生フォーラムにもご参加頂いた先生もいらっしゃったのですが、「ようやくスッキリと理解できました」と言って頂くことができました(逆に言えば、弥生フォーラムでのプレゼンテーションが駆け足過ぎたとも言えるかもしれませんが)。

今後も、様々な機会を活用して、弥生が何を考え、どこを目指しているのか、その中で会計事務所の皆さんとどのようなパートナーシップを実現しようとしているのかについて、お話しをしていきたいと思っています。ちなみに、弥生フォーラムでの講演内容については、開催レポートの中で簡潔にまとめて公開しておりますので、是非ご覧頂ければと思います。
posted by 岡本浩一郎 at 12:27 | TrackBack(0) | 弥生