2016年10月06日

弥生 17 シリーズは10/21発売開始

本日、弥生はデスクトップアプリケーションの新製品「弥生 17 シリーズ」を来たる10月21日(金)に一斉発売することを発表致しました

2016100701.png

業務ソフトとしてはキホンの「キ」である法令改正対応は、今回の弥生 17 シリーズでは主にマイナンバーと消費税改正に対応しています。 給与製品(弥生給与/やよいの給与計算)では16シリーズからマイナンバー対応を始めていますが、いよいよマイナンバーに対応しての年末調整業務が始まるということで、マイナンバー入りの源泉徴収票に対応し、さらに実務面でのフォローアップも万全を期しています。

また、消費税申告書や所得税確定申告書でもマイナンバーの記載が始まりますので、会計製品(弥生会計/やよいの青色申告)でのマイナンバー対応も行っています。消費税改正については、消費税率の10%への引上げの再延期(2019年10月)に対応しています。

ただ、弥生 17 シリーズでの最大のトピックは、会計事務所向けとなる弥生会計 17 AEで対応したクラウド(弥生会計 オンライン)とのデータ共有です。今回、弥生 17 シリーズの共通機能として「弥生 マイポータル」をリリースしていますが、実はこのマイポータルが、会計事務所と顧問先(デスクトップでもクラウドでも!)をつなぐ名実ともにポータル(入口)となります。

弥生 17 シリーズについては、今後本ブログでより詳細をお話しできればと思っています。
posted by 岡本浩一郎 at 20:08 | TrackBack(0) | 弥生