2016年12月16日

Ruby biz Grand prix 2016大賞を受賞

2016121601.jpg

この度大賞を受賞しました…、といっても弥生ではなく、この2月に一緒になったMisocaの話。昨日、Ruby biz Grand prixにおいて、見事に大賞を受賞しました。

Ruby biz Grand prixは、ビジネスの領域においてプログラム言語Rubyの特徴を活かして新たなサービスを創造し世界へ発信している企業、団体及び個人を対象としたグランプリ。審査委員長はRubyの生みの親であるまつもとゆきひろ氏。まつもとゆきひろ氏からトロフィーを受け取り、見事なドヤ顔をしている豊吉さんはこちらです(笑)。


もう一つの大きな狙いが、扱えるテクノロジーの幅を広げること。弥生はもともとWindows上のデスクトップアプリケーションを長年手掛けてきたこともあり、Microsoftのテクノロジーはお手の物。クラウドのアプリケーションのインフラとしてもMicrosoftのAzureを活用しています。しかし、テクノロジーが進化し、多様化する中で、一社のテクノロジーに依存しすぎることには一定のリスクがあると思っています。また、様々なテクノロジーを組み合わせれば、これまでよりも良い製品/サービスを、より早く、より安価に提供できる可能性も広がってきます。

Misocaは、最初からクラウドネイティブでスタートしていることもあり、活用しているテクノロジーは弥生と大きく異なります。開発はRuby、プラットフォームはAWS(Amazon Web Services)。一昔前であれば、すぐに技術基盤を統合しないと、となるところですが、今の時代はむしろ様々な技術を活用できる方がメリットが大きいと考えています。

AzureでもAWSでも、マッチした方を利用すればいい。C#でも、Rubyでも、Javascriptでも、最適なものを選べばいい。実際、弥生の中でも一部AWSを利用することが出てきていますし、弥生のエンジニアがMisocaに出向してRubyでバリバリ開発をするようになってきています。

弥生はMisocaと一緒になっても、Misocaを弥生色に染めることはありません。弥生には弥生の良さがあるし、MisocaにはMisocaの良さがある。それぞれの良さを伸ばし、かつお互いに学んでいく、それが弥生とMisocaの選んだ道です。Misocaの皆さん、グランプリ受賞おめでとう!
posted by 岡本浩一郎 at 19:42 | TrackBack(0) | 弥生