2017年10月31日

PAP8,000

今回も少し報告が遅くなってしまいましたが、約2ヶ月前、今年の8月末に、弥生の会計事務所パートナー(PAP)が8,000会員を突破しました。PAP会員数が7,000を超えたのが2016年5月、そして7,500を超えたのが2017年1月。

これまで最高のペースだったのは、2015年4月の6,000会員から2016年5月の7,000会員。実に1年1ヶ月で1,000会員増えたことになります。7,000会員以降は少しペースが落ち、7,500会員までが8ヶ月、そこから今回の8,000会員までが7ヶ月、合計1年3ヶ月で1,000会員の増ということになります。とはいえこれでも、5,000から6,000が1年9ヶ月、その前の4,000から5,000が2年3ヶ月という以前のペースよりはだいぶハイペースです。

お蔭さまでここ5年ちょっとで会員数を倍に増やすことができたことになります。ただ、これだけ数が増えてきたことを踏まえ、特にこの一年間は会員数を増やすこと以上に、パートナーシップを強化することに注力しています。以前からお話ししていることですが、PAPはパートナー制度であり、数は最優先ではありません。一番大事なのは、パートナーとして、中小企業・個人事業主・起業家を支えるという志をキチンと共有できていること。

今月から開催しているPAPカンファレンスもその一環です。今回のPAPカンファレンスは、既に名古屋・東京・大阪の3会場が終了しました。お蔭さまで多くのPAP会員にご参加頂くことができ、弥生が目指す方向がよく理解できた、その上で自社の方向性を考える良いきっかけとなったとポジティブな評価を頂いています。

カンファレンスは、来月も、仙台、広島、福岡と続き、11/22(水)に札幌で千秋楽を迎えます。今後も、カンファレンスに限らず、日頃のコミュニケーションを通じてPAP会員の皆さまとのパートナーシップを強化していきたいと思っています。
posted by 岡本浩一郎 at 20:46 | TrackBack(0) | 弥生