2017年12月21日

引き籠った(?)一年

12月もバタバタしているうちに、あっという間に下旬です。先週金曜日で年内の出張は終了。今月は忘年会も兼ねて、第一週が大阪、第二週が札幌、第三週が名古屋と出張が多い月でした。

何年かぶりに年間の出張回数を数えてみたのですが、今年の出張回数は31回、宿泊は19泊でした。毎年数えてはいないのですが、(弥生での)これまでの最高記録は2014年の出張回数が46回、宿泊が40泊ではないかと思います。これと比較すると、出張回数は2/3、宿泊に至っては半分以下。宿泊のうち、5泊は海外出張に伴うものなので、国内での宿泊を伴う出張という意味ではさらに減っています。

もっとも2011年/2012年あたりは年間30回弱だったので、通常のペースに戻ったといえるのかもしれません。

回数はともかく、宿泊が減った最大の要因はアルトア。アルトアの立上げにかなりの時間を割いていたため、なかなか東京を離れられなかったというのが今回の数字に如実に表れています。例年、出張が増えるのは、6月と10月〜11月のPAPカンファレンスを開催する時期なのですが、今年は10月は出張が3回に対し宿泊はゼロ泊、11月は出張が5回に対し宿泊は1泊。見事なまでに日帰りの連続でした。例年であれば、出張する機会が少ない福岡や広島は必ず宿泊する(& 現地の食を堪能する、笑)のですが、今年は残念ながら両方とも日帰り。

この状況ですから、各拠点から、最近は岡本さんが来ない、付き合いが悪いと言われているような、いないような。あまり煩いことを言われなくてよい、とホッとしている方も多いような気もしますが(笑)。お蔭さまでアルトアも無事に立ち上がりましたので、来年はもう少し外に出るように意識したいですね。
posted by 岡本浩一郎 at 19:43 | TrackBack(0) | 弥生