2018年01月11日

新年の抱負

既に松の内が明け(少なくとも関東では)、そろそろ新年ネタもタイミングを逸しつつありますが、ここで私の新年の抱負を語っておきたいと思います。

私の2018年、新年の抱負は…。




ありません(笑)。

え、という感じですね。確かに昔は毎年、新年の抱負をそれなりに考えていました。ただ、いつの間にか、あまり考えなくなってきてしまいました。もっともマンネリになってきた、とか、やる気がなくなってきた、という訳ではないんです。

冷静に考えると、今年こそはダイエット、とか、今年こそは英会話というのは、あんまり続かないんですね。これらはやる気になれば、いつでも始められるわけで、そもそも新年だから、というのは(本音では)やりたくないものを何とかやろうとするもがきに過ぎない訳です。だからこそ続かない。

やろうと思ったらすぐにやればいい。本当にやりたかったら、正月まで待つ必要はありません。昨年の一月には約25年ぶりにコーディングを再開しましたが、これは新年だから始めた訳ではありません。1月の20日ぐらいにふと思い立って、その翌日には豊吉さんに参考書を聞き、そしてその翌日は参考書を買い、1/27には本ブログで再開第一作目について語っています。その後も、希望するほど時間は使えていませんが、言語をPythonに変え、コーディングは細々と続けています。

新年だからではなく、やりたいことをドンドンやる。そういった意味で、新年の抱負ではないのですが、ここのところ意識しているのは、仕事も遊びもトコトンやるということですね。娘もお蔭さまで大きくなり、この先お父さんと無邪気に遊んでくれる期間も限られてきました。だからこそ、遊びに妥協はしたくない。ただ、だからといって仕事に妥協もしたくない。となると、仕事も遊びもトコトン。

体力が最大の課題ですが、幸いにしてまだまだ無理がきく年齢ですので、娘が遊んでくれるうちは、仕事も遊びもトコトン、をトコトン追求してみたいと思います。結果的に一週間で最も疲れきっているのは、月曜日の朝というのは、ここだけの秘密です(笑)。
posted by 岡本浩一郎 at 18:12 | TrackBack(0) | 弥生