2018年02月09日

m-gram研修

少し前の話ですが、昨年末にm-gramを活用したチームビルディング研修を実施しました。弥生では昨年後半からm-gramを活用した社内研修を行っているのですが、幹部レベルでも実施しようということで、私を含めた12名が参加し、丸一日かけて研修を実施しました。

m-gramは、105の質問に答えることによって、人の深層性格を判断するという仕組み。昨年派手にバズりましたので、こちらのダイアグラムに見覚えがある方も多いかと思います。

2018020901.PNG

こちらは、私を構成する8性格。「新しいもの好き」、「かなり合理主義」は、さもありなんという感じですが、「少し繊細」、「心配性」というところは傍から見ると意外でしょうか(笑)。

私自身、こういった性格診断の類はあまり信用していませんし、積極的にやるタイプではありません。ただ、m-gramの診断結果を弥生の開発部門で検証してみたところ、かなり正確にそれぞれの特徴を捉えることができており、これを社内のチームビルディングに役立てることができるのではないか、ということで、研修がスタートしました。昨年末にはそれが私にまで及んできたという次第。研修に際し、事前に診断しておくようにということで、正直しぶしぶやった結果が上記のダイアグラム。認めたくはないですが、お、意外にわかっているね、というのが率直な感想です。

実際の研修では、この8つの性格の裏側にある、14個の要素(例えば、活動性、社交性、慎重性…)を用います。14個の要素によって、自分の性格を客観的に把握すると同時に、自分の周囲の人との近さ/遠さを理解し、それをコミュニケーションに反映することを学びます。

例えば私の場合、高かった要素が新奇性(偏差値60)、決断性(69)、自己主張(72)。逆に低かった要素が強靭性(42)、傾聴(37)。経営者として求められる決断性は高い一方で、傾聴ができていないとわかるわけです(苦笑)。他の参加者からすると、傾聴が低いのはやっぱり、というところでしょうが、強靭性が意外に低かったり、社交性が意外に高くない(51と平均値レベル)のは、驚きだったようです。はい、こう見えても意外に繊細で、それほど社交的でもないものを、無理をしているのですよ。これからはもう少し大事に扱ってもらえるでしょうか(笑)。

さらに、参加者全員の結果を皆で共有し、お互いの近さ、遠さを理解します。Aさんとは、慎重性は近いけど、固執性が遠いといったように。今回のメンバーの中では慎重性が90という極端に高い人(石橋を叩いても渡らない?)もいれば、28と極端に低い人(とりあえずやってみる?)もおり、こういった場合には、コミュニケーションには特に注意が必要です。ただ、遠いというのは、逆に言えば、お互いに補完しうるので、必ずしも悪いことではありません。

半ばいやいやでの参加でしたが、実際に参加してみると、ちゃんと科学的な分析がされており、納得感もありつつ、楽しい一日となりました。ただ、どんな研修も、研修が終わったらはいおしまい、では意味がありません。これをどう日々の行動に活かすか、自分なりに模索したいと思います。
posted by 岡本浩一郎 at 18:14 | TrackBack(0) | 弥生