2018年02月22日

どちらが有利?

先週金曜日に確定申告が始まって約一週間。弥生オンラインの利用データを見ても、申告を完了された方が着実に増えています。とはいえ、まだ序盤戦。申告期限は3/15(木)ですから後3週間あります。と言っているとあっという間に期限を迎えますので、着実に進めたいところですが。

私個人の申告もまだこれから。ただ、材料としてはほぼ揃いましたので、今週末にはだいたい目途を付けたいと思っています。

以前も書きましたが、今回の確定申告で新たに導入された制度がセルフメディケーション税制。先月に提供を開始したやよいの青色申告 18向けの確定申告モジュールでも対応していますが、今月上旬に提供を開始したやよいの青色申告 オンライン/やよいの白色申告 オンラインの確定申告機能でももちろん対応しています。

セルフメディケーション税制は、対象となる医薬品を12,000円以上購入した場合に適用となります。ただし、上限は100,000円分の購入まで(所得控除額では88,000円まで)です。

注意が必要なのは、セルフメディケーション税制は、従来の医療費控除との選択適用になるということ。つまりどちらか一方しか受けられません。セルフメディケーション税制は、控除を受けられるハードルが12,000円と比較的低いのはメリットですが、上限も低い。一方で、医療費控除は、控除を受けられるハードルが100,000円(総所得金額が200万円以上の場合)と高めですが、控除の上限も200万円と高くなります。つまり、セルフメディケーション税制と医療費控除と両方が適用可能な場合には、一般的には医療費控除の方が有利になります。

2018022201.png

やよいの青色申告 オンライン/やよいの白色申告 オンラインの確定申告機能では、セルフメディケーション税制と医療費控除の説明をした上で、「『スイッチOTC医薬品』の購入費以外の医療費が8万8千円以上あれば、通常の医療費控除を受けた方がお得です。」と解説しています。

画面では、セルフメディケーション税制を選択していない状態ですので、医療費控除向けの入力画面が表示されています(画面にも表示されていますが、健康保険組合から発行された「医療費通知」を活用できるようになったのも、今年からの変更点です)。一方で、セルフメディケーション税制を選択した場合には、健康の保持増進および疾病の予防への取組内容など、セルフメディケーション税制の適用のために必要な入力項目に切り替わります。

法令に詳しくない人(の方が一般的ですよね)でも迷わずに確定申告書を作成できるのが、弥生ならではの「かんたん、やさしい」です。
posted by 岡本浩一郎 at 22:25 | TrackBack(0) | 弥生