2018年07月02日

決断

サッカーW杯が予想外に(?)盛り上がっていますね。前評判は決して高くなかった西野ジャパンですが、既に皆さんご承知の通り、決勝トーナメント進出を果たしました。事前には色々と批判的に報道していたものが、結果が出ると途端に論調が変わるのが、何だかな〜と感じるのは私だけでしょうか。

さて、既に色々なところで議論になっているので、書き尽くされたような気もしますが、ポーランド戦の最後の10分間について、私が思うところを少しお話ししてみたいと思います。まずは、一応援者としては、残念。正直、見ていて楽しくはないですからね。この時間は、コロンビア-セネガル戦を見たという方も多いようですが、やる気のない試合よりは、やる気がある試合を見たいというのが、応援する側の素直な気持ちでしょう。

一方で、一経営者として、僭越ながら監督の立場で考えるとすると、正しい選択だったと考えます。限られた情報をもとに、様々な選択肢の中から、最も成功確率が高い選択をするのが監督の仕事(レベル感は違えども、経営者の仕事も同様)。当然何を成功とするかによって変わってくるわけですが、今回の場合、当該試合に勝つこと、ではなく、決勝トーナメント進出を成功と考えるべきでしょう。とすれば、下手に攻勢に出て逆に失点のリスクを負うよりは、確率論的にコロンビアの勝利に賭けるという選択は極めて真っ当なものだと考えます。限られた情報の中で最善と思われる選択をする。そしてその結果に責任を取る。

ただ、今度は一個人として考えると、また話が変わってきます。私の信条は「やらないで後悔するよりは、やって反省」ですから、その信条からすると、(私が日本代表に選ばれることはありませんからあくまで仮定の話ですが、笑)今回のようなケースでは、私個人は、結果がどうなろうと最後まで攻め続けていたと思います。では私が弥生の経営において、常に「やらないで後悔するよりは、やって反省」を貫いているかというと、そうではありません。経営はチームプレー。お客さまであり、パートナーであり、従業員であり、株主であり、ステークホルダーのことを考えれば、私自身が後悔をしないことを最優先にするわけにはいきません。皆にとって最善の結果となるために、最も成功確率が高い(であろう)選択をし、あとは、チームの皆と共に、その選択が正解となるような努力を続ける。

つまり、西野監督は、自分のメンツや満足のためではなく、あくまでもステークホルダーのための合理的な判断をしたということなのではないかと思います。そういった意味では、これが個人プレーの競技であれば話はまた変わったのではないでしょうか。個人プレーであれば、プレーするのも、判断するのも競技者本人がすればよいことですし、結果責任も本人が取ればいいですからね。

それにしても、今晩(明日未明)のベルギー戦は、何時に寝るのか、はたまた起きるのか、とても悩ましいです。
posted by 岡本浩一郎 at 17:30 | TrackBack(0) | 弥生