2018年07月08日

広島からの帰還

7/6(金)は広島でのPAPカンファレンス。前日の木曜日は兵庫県の会計事務所を訪問していたのですが、予報通りかなりひどい雨でした。この日も、明石川の水位上昇に伴い避難準備が発令される(スマホに緊急速報が飛んでくる)など、いつもの雨とは違う気配はありましたが、夜にはこの日の最終目的地である広島にトラブルもなく辿り着くことができました。天気予報を逐次チェックしていましたが、カンファレンス当日である翌日も雨。ただ、まだこの時点ではそこまでの大雨の予報ではありませんでした。

一夜明けて、7/6の朝。外は雨。朝の段階ではまだそこまでの酷い雨ではありませんでしたが、予報は大雨。昨晩確認した予報より明らかに悪化しています。

広島営業所長のEさんと合流すべく向かう車内でEさんとやり取り。交通機関に影響が出ているということで、思っていたよりも状況が深刻であることが判明しました。午後のカンファレンスでは、東京の二つの会計事務所にご登壇頂くのですが、一社は既に現地入りしているとのこと。一方で一社は飛行機で移動中とのこと。また、弥生社員は予定のうち半数強は昨晩に現地入りしたものの、残りは新幹線移動中で、足止めを受けている状態。

この時点では、まだカンファレンスの開催は可能と判断しましたが、同時に、遠方から来場されるにはリスクが大き過ぎるため、こちらから連絡して来場を見合わせて頂こうということにしました。また、近距離の方も、お問い合わせを頂いた際には、無理をしないようお願いすることに。

午前中は会計事務所を二件訪問。その間にも雨は酷くなっていきます。お昼前にはカンファレンス会場入り。既に展示会も含め準備が進んでおり、登壇者によるリハーサルが始まっています。ただ、展示ブース二つについては、担当者の広島入りが困難ということで、展示見送りとなりました。

午後1時半から受付を開始。来場される方はごく僅かだろうという予想に反し、続々とご来場。午後2時にカンファレンスをスタートした時点では、それなりに席が埋まっていました。もちろん、これまでの会場と比べれば低い出席率ですが、状況を考えれば驚くレベルです。実は今回は4月に営業所を開設して以降、広島での初めてのカンファレンス開催でした。そのため、皆さん、Eさんの顔を立てるためにも結構無理をしてご来場頂いたのではないかと思います。本当に申し訳ないと思う一方で、本当に有難いことですし、広島に営業所を開設したことは正解であったと実感しました。

カンファレンスは一社目の事例紹介に進みます。ここで本日一回目の避難勧告が。カンファレンスの途中で皆の携帯が一斉になり出すのは異様な光景です。地域ごとに避難勧告が発令されるため、私が受信しただけでも一時間で3回。会場は大型ビルですから、安全ですが、地元の様子なども気になると思いますし、会場から帰ることが難しくなる可能性もあります。

一社目の事例紹介(中村税務会計事務所)が終わった午後3時には、各人のご判断で遠慮せずに退場頂きたいとアナウンス。午後5時頃にはJRが全面的に止まる見込みという情報もあり、休憩時間を短縮し、可能な限り、早めに終了することにしました。

ドキドキ、バタバタする中で、二社目の事例紹介(アトラス総合事務所)が始まりました。ご登壇のお二人は広島空港から広島市内へのバスが止まっていたため、三原に抜けて、動いたり止まったりだった新幹線で何とか会場入りして頂きました。お疲れの様子でしたが、プレゼンは流石の内容。同時並行で、展示会場では撤収を進めます。

事例紹介が終わり、最後は私がご挨拶させて頂いて、カンファレンスは前倒しで終了。元々は午後4時半過ぎの終了を予定していましたが、一部の内容(私が担当するアルトアのご紹介、泣)はスキップとなったものの、目玉である事例紹介は無事に終えることができ、午後4時前には終了することができました。ご来場の皆さまをお見送りし、展示会参加の他社スタッフも送り出して、弥生としての撤収に入ります。

弥生・アルトアメンバーで当日中の帰宅を予定していたのは私も含め6名。新幹線は止まっており、飛行機は飛んでいるものの、空港までのバスが止まっているということで、残る方が安全と判断し、どうしても帰る必要がある4名だけで、午後4時過ぎ、タクシーで空港を目指すことに。

私は翌日の午後に千葉商科大学でのシンポジウムへの登壇予定があり、明日の移動では間に合わないリスクが高く、今日中に帰っておきたいところ。Iさんは、翌日から夏季休暇で翌朝に国際線のフライトがあるということで、何が何でも帰らないといけない。4人の中でも最も必死な様子でした(その割には途中で財布がないと騒ぐなど、ボケキャラはいつも通り、笑)。

タクシーをつかまえることは難しくありませんでしたが、運転手さんは普段は高速でしか行ったことのない空港に一般道で向かってくれというリクエストに困惑気味。私ともう一名がGoogle Mapsを駆使し、運転手さんをサポート。市内はだいぶ渋滞していましたが、これは運転手さんの経験で何とか脱出。一方、郊外に出ると、雨は激しくなるわ、そばを流れる川は明らかに増水しているわ、道路脇に崖が迫っているわで、これはこれで結構リスクがあることを実感します。

郊外に抜けて以降、一箇所での激しい渋滞と、途中一回のトイレ休憩(運転手さんが、もう我慢できない、となったので、笑)をはさみつつも、何とか空港に近づいていきます。空港まで残り僅かというところで、タクシーは街道から山道へ。この時は雨量40mm近くという豪雨で、道にも巨大な水たまりが多く、結構ヒヤヒヤものでした。

最後の最後で道に迷いつつも、午後6時半前には何とか空港に到着。頑張って頂いた運転手さんには厚く御礼をして、搭乗カウンターに向かいます。Iさんは早めの便ということで、早々に搭乗口へ。残り3名も、幸いフライトは予定通りということで、ホッと安心。

あとで調べてわかったことですが、広島空港はCAT-IIIbという高性能の計器着陸装置(ILS)を備えているため、視界が限られていても飛行機の着陸が可能なのだそうです(ちなみに3年前にアシアナ航空機が広島で着陸失敗した際には、ILSを使用しておらず、また、失敗の際にILSの機材を破壊してしまったため、長期間に渡って広島空港の運用に支障をきたしたそうです)。これが台風であれば風も強いですから、おそらく欠航になったのだと思いますが、当日は雨は強くても風はそれほど強くなく、(ILSを使えないからなのではないかと思いますが)小型機を除きほぼ全便予定通りに運行していました。

チェックインを済ませ、まだフライト(午後8時50分)までは時間があるので、空港内で食事。この際に駄目押しのように広島県内での特別警報が発令され、これが何十年に一度という非常事態であることを再認識しました。自分の帰宅は目処が立ったものの、今日ご来場頂いた皆さんが無事に帰宅できたのか、広島に残ったメンバーは大丈夫なのか、心配になります。

2018070801.PNG

フライトは大きな遅れもなく離陸し、午後10時過ぎに羽田に到着。機内では疲れからか爆睡。自宅には午後11時ぐらいに戻ることができました。

本ブログで私の信条は「やらないで後悔するよりは、やって反省」と書いたばかりですが、さすがに今度ばかりは、PAPカンファレンスを開催したことが正しい判断だったのか、考えさせられます。結果的に大きなトラブルはなかったので、後悔とまではいかないまでも、どこでどういった判断をすべきだったのか。

台風のように、この先状況が悪化することがある程度の確実性を持ってわかるのであれば判断は比較的容易ですが、今回のように、徐々に状況が悪化する中での判断はなかなか難しいというのが実感です。タクシーでの空港行きも問題なく到着できたからこそ武勇伝になりますが、途中で災害に巻き込まれていれば、愚行と言われても仕方ありません(ちなみにこの時通った一般道は現時点で通行止めとなっており、我々が通ったのちに何らかの問題があったのではないかと思います)。

ちなみに、当日広島に残ったメンバーは翌日も新幹線が動かず、空路も市内への交通の便が確保されないということで欠航が相次ぎ、もう一泊を強いられることになったとのこと。ようやく今日(日曜日)になって新幹線が通常運行に戻ったことから、現在帰宅の途にあるようです。

今回の大雨はまだ完全に収束しておらず、残念ながら大きな被害が出ているとのこと。他人事とは思えません。やはり自然には勝てないというと、ありきたりな結論になってしまいますが、色々と考えさせられる広島での出来事となりました。
posted by 岡本浩一郎 at 15:55 | TrackBack(0) | 弥生