2019年05月08日

静かな幕開け

10連休のゴールデンウィークが終わり、昨日から仕事再開という方が多かったのではないかと思います。もっとも、弥生のお客さまは法人の方と個人事業主の方がいらっしゃいますが、個人事業主の方は、ゴールデンウィーク中もそれなりに仕事という方も多かったようです。Facebookなどで拝見する限り、弥生のパートナーである会計事務所の方も、10連休というよりは、休みと仕事のバランスをうまくとってという方が多かったような印象です。

10連休明けというと元号関連のシステムトラブルが懸念されていましたが、今のところ大きな報道になるようなトラブルは発生していないようです。ネット銀行で障害は発生したようですが、これは元号処理によるものではなく、連休明けでアクセスが集中したための模様です。これまでもお話ししてきた通り、弥生を含め一般的なシステムでは、西暦で処理している分には何の影響もありませんし、和暦の場合にも、平成31年の表示のままではあっても、システムが動かなくなるといった事象は基本は起きないはずです。

とはいえ、すでに令和になっているわけですから、平成ではなく、早々に令和で表示したいところです。昨日からカスタマーセンターでのお問合せ対応を再開していますが、やはり元号に関するお問合せが増えています。昨日のお問合せでは、特に弥生販売で元号関連のお問合せが多い傾向がありました。ある程度月次ベースの処理が中心の会計や給与に対し、販売は日々発生する業務という影響があるのかと思います。とはいえ、懸念していたほど猛烈な勢いでお問合せが集中、というレベルではなく、想定の範囲内です。比較的、静かな幕開けと言えるかと思います。

弥生シリーズも令和対応版を提供していきますが、この点でネックになっていたのが、Microsoft社によるWindowsの更新プログラム。なかなか提供が開始されず、ハラハラしましたが、唯一提供されずに残っていたWindows 10の最新版(バージョン1809)向けもようやく提供が始まっています。また、5月の半ばには、Windows7/8.1等でのWindows Updateでの自動配信も始まるようです。

これでWindowsの令和対応が一通りそろったということで、弥生も現在プレビュー版として暫定提供している弥生シリーズの最終確認作業を進めています。最終確認を終えた上で、Windows Updateのタイミングに合わせながら、製品ごとに順次オンラインアップデートで提供していきますので、オンラインアップデートをもう少々お待ちいただければ幸いです。
posted by 岡本浩一郎 at 18:44 | TrackBack(0) | 弥生