2019年05月20日

Half Year Meeting 2019

上半期終了ということで例年通りゴールデンウィーク(GW)前に東京、そしてGW明けに札幌、そして大阪でのHalf Year Meetingを終えました。ゆっくりできたGWとは一転、GW明けは仙台での事務所開きに加え、会計事務所訪問やアルトア関連での銀行との協議などもあり、かなりバタバタした二週間となりました。

Half Year Meetingではまず私が全社の経営状況をお話しするのですが、お蔭さまで上半期は順調でした。もちろん課題はいくらでもあるのですが、少なくとも数値面ではむしろ出来すぎとも言えるレベル。ただ、足元が順調だから全てよしという話ではありません。法令改正が続く中で、足元の業績は良くて当たり前。問題はむしろその先です。

そもそもHalf Year Meetingや秋に開催している社員総会は、過去について語る場というよりは、未来について語る場。ただし、未来について議論するためには、まずは現況を正確に理解することが必要。現況を正確に共有するために、まずは私が経営概況報告としてお話しするようにしています。私のセッションの後には、各本部からの発表となりますが、過去や足元というよりは、この先1〜2年の時間軸で、何が課題か、何をすべきかを発表しています。

さらに今回のHalf Year Meetingでは、もっと長い時間軸で、我々はどうありたいのか、何をすべきなのか、についても発表を行いました。弥生の成長戦略として取り組んできたクラウドサービス(弥生オンライン)に一定の目処が立ってきた中で、その先も考えるフェーズに入ってきています。

誤解のないようにお話しすると、弥生オンラインはまだまだ赤字ですし、課題も山積みです。ただ、ある程度想定通りの結果は出せるようになってきました。また、クラウドと並行して取り組んできた業務の自動化、特に会計業務 3.0についても、やはり課題はまだまだ山積みですが、実際にご活用いただき、良い評価をいただけるようになってきました。課題はまだまだ残っていますから、まだこの先1〜2年はそういった課題にしっかりと取り組んでいかなければなりません。ただ、1〜2年課題に取り組んで、その段階でじゃあ次は何をしようか考えるというわけにはいきません。今から、その先を考え、少しずつでも仕込みを進めていく必要があります。

その先を考える際に、1〜2年後の姿からさらに延長するのか、あるいは、もっとずっと先を考え、そこから逆算するのか。どちらが絶対的に正しいという解はありませんが、弥生では、2030年というそれなりな将来のありたい姿を定め、それを実現するために、3〜4年後に、5〜6年後に、7〜10年後に何をすべきか、考えようとしています。

このプロジェクトは20代の若手を中心としたチーム(2030年に中核を担うのは彼ら/彼女らなので)で進めてきましたが、ようやく全社に共有できるところまで来ました。ここからさらに具体的な行動計画にまで落とし込む必要はありますが、弥生のありたい姿を全社で共有するという意味で、よいアウトプットになったと思っています。あまり核心的なところまでは触れられませんが、本ブログでも、弥生の2030年について機会をみてお話ししたいと思っています。
posted by 岡本浩一郎 at 18:35 | TrackBack(0) | 弥生