2019年07月11日

切磋琢磨

一週間の海外出張(イタリア/イギリス)の直後に弥生PAPカンファレンスの後半戦。覚悟はしていましたが、なかなか大変です。とはいえ、今回のカンファレンスは例年以上の手応え。皮切りとなる名古屋で初の100名超えと記録更新してのスタート。会場の大きい東京/大阪は人数が多いのは当たり前ですが、営業所を開設して初の開催となる仙台も過去最高記録。

そして迎えた後半戦。後半戦の皮切りは福岡。会場のキャパシティは名古屋と同じ、事前のお申込み数もほぼ同じということで、名古屋との(いい意味での)競争に注目です。蓋を開けてみると、事前のお申込み数に対し、実際に当日ご参加いただく「参加率」が90%を軽く超え、結果的に参加者は120名を超えました。ちなみに会場のキャパシティが120名なので、本当にギリギリ一杯です。

2019071101.jpg

本当は3人掛けの長机に2人で掛けていただきたいところなのですが、恐縮ながらその余裕がなく。G20首脳会議のデジタル経済に関する首脳特別イベントで安倍総理、トランプ大統領、習近平国家主席が一つの長机に並んで座っていたことが話題になりましたが、まさにその状態。各開催地とも、想定されるご来場者を収容できる会場の確保が悩みの種です。

ということで、福岡と名古屋は共に記録更新となりましたが、勝負は福岡の勝ち。そしてその後ろには昨年に営業所を開設した広島が控えています。広島開催は明日。残念ながら100名には届きません(キャパシティ自体が80名)が、オープン1年先輩の威厳か、今年開設の仙台は大きく超える見込みです。できれば今後は広島も100名超えを目指し、名古屋/福岡/広島での3つ巴を期待したいところです。そしてその時点で仙台は今の広島の規模を目指したいところ。その仙台の後ろには営業所は開設していないものの、カスタマーセンターがあって一定の地の利もある札幌が控えています。

拠点の開設はそれなりな投資も伴いますし、それ以上にしっかりとした体制を確立するのも容易ではありませんが、こういった形で切磋琢磨し、それぞれの地元に密着した活動ができていることに手応えを感じています。さあ、カンファレンスも残すところ明日の広島と来週水曜日の札幌。最後まで楽しんで走り切りたいと思います。
posted by 岡本浩一郎 at 15:55 | TrackBack(0) | 弥生