2019年10月01日

結果は惨敗

いよいよ今日から消費税率が10%に引上げとなり、同時に軽減税率が導入されました。私は朝からコンビニ三軒をはしごして、レシートを収集。

2019100101.jpg

弥生ではレシート画像を読み取り、仕訳を生成する機能を二種類提供しています。一つがスキャンデータ取込、もう一つが弥生 レシート取込アプリ。前者は、ScanSnapなどのスキャナでレシートをスキャンするもの。基本的にはデスクでの利用を想定しています。後者はスマホのカメラでレシートを撮影するもの。これはどこでも使えますし、複数人で利用することも可能です。

今回、10月1日に向けて、スキャンデータ取込/弥生 レシート取込アプリの両方で軽減税率への準備を進めてきました。軽減税率対象品のレシートに関しては、それを軽減税率として扱う必要がありますし、軽減税率対象品とそれ以外が混在したレシートに関しては、それぞれを別の明細として(一明細は軽減税率で、もう一明細は標準税率で)扱う必要があります。

ただ、準備を進める上で障壁となったのは、軽減税率を扱ったレシートの実物が存在しないということ。そのため、政府からイメージとして示されているもの(例えばこのページの中段にあるもの)をベースに疑似的に軽減税率を扱ったレシートを用意し、テストを行ってきました。とはいえ、それらはあくまで疑似的なもの。実際のレシートをどこまで正しく処理できるのかはやってみないとわかりません。

ということで、午前中に様々なお店のレシートをかき集め、ランチの時間で検証を行ってみたのですが…。結果は惨敗です。負けず嫌いとしては負けを認めるのは悔しいのですが、正直に言って、現段階では業務で利用できるレベルには達していません。

2019100102.jpg
(うまく行っているケース#1)


2019100103.jpg
(うまく行っているケース#2)

2019100104.jpg
(間違っているケース - 結果的に税抜になってしまっている)

スキャナを利用するスキャンデータ取込の方が、画像としてきれいな分、総体的にはまだ精度は高いですが、金額を間違えてしまう(本体価格と消費税額を取り違える、税抜額と税込額を取り違えるなど)ケースがあり、このままでは実用に耐えません。弥生 レシート取込アプリについては、スマホのカメラを利用することもあり、より画像が粗い分、精度はさらに落ちてしまいます。

詳細は分析中(画像分析エンジンを提供してもらっているパートナーとも協議が必要)ですが、敗因としては、金額の記載方法にかなりのバリエーションがあるということが影響しているようです。消費税対象額、消費税額などの記載方法に様々なバリエーションがあり、うまく対処できないケースがあります。

お客さまの業務を支える存在として、そのご期待に応えられていないことは、大変申し訳ないと思っています。とはいえ、前例がない中で、実際に走りながら改善をせざるを得ないというのはある程度想定されていたことです。問題はこれから。できるだけ早いタイミングで実用レベルまで改善を図りたいと思います。
posted by 岡本浩一郎 at 15:40 | TrackBack(0) | 弥生