2020年12月02日

あっという間に12月

早いもので今年も12月になりました。うーん、今年は本当に時間が過ぎるのが速いように感じます。新型コロナウイルス禍というこれまでにない環境下もあるのでしょうが、焦りを感じないというと嘘になります。

2020120201.jpg

そういった中でも先日お話ししたようにデスクトップアプリケーションの新製品「弥生 21 シリーズ」は11/13から発売になっています。いつも新製品発売のタイミングで部屋の模様替えをするのですが、現状は皆がそれぞれのタイミングでリモートワーク中ということで、今年は模様替えはなしかなあ、と思っていたところ、いつの間にかしっかりと弥生 21 シリーズになっていました。いまだに誰が模様替えしてくれたのかわからずじまいですが、有難うございました。

2020120202.jpg

私の部屋のすぐ外に飾られている縁起物の熊手もいつの間にやらしっかりと弥生 21 シリーズ仕様に変わっていました。私は時間の経過に慌てふためいていますが、周りはしっかりとやるべきことをやってくれているようです。

12月といえば年末調整。これまで何回かにわけて今年の年末調整がヤバいということをお話ししてきました。一通り読んでいただいた方であれば、これはヤバいと実感いただいたのではないかと思います。もはや12月、時間の余裕はありません。できるだけ早めに年末調整の目処を付けていただきたいと切に願っています。

これも少し前にお話ししましたが、新型コロナウイルス禍が再び拡大傾向にある中で、弥生は対応レベルの引上げを行っています。まずは札幌がレベル3に移行しましたが、その後大阪、東京、そして名古屋と、新型コロナウイルス禍の拡大傾向と共に、対応レベル3とする拠点が増えています。ご承知の通り、弥生のカスタマーセンターは大阪と札幌にあります。対応レベル3ですと、時差出勤等は行っていますが、対応能力として大きくは落ちていません。しかしこれが対応レベル4となると、在宅での受電等を行ったとしても、対応能力はどうしても下がらざるを得ないと考えています。そうならないことを願ってはいますが、万が一そうなっても困らないように、年末調整の処理は早めに始めて早めに目処を付けていただきたいと思っています。

今年はあっという間の一年でしたし、12月はそれ以上にあっという間の一ヶ月になるのだと思います。それでもやるべきことはやった一年と言えるように、一日を大事にしていきたいと思います。
posted by 岡本浩一郎 at 21:43 | TrackBack(0) | 弥生