2014年09月10日

iWatchでない理由

毎年この時期になるとこの話題がやってきます。そう、iPhoneの新製品。今回はiPhone 6とiPhone 6 Plus。今回は、iPhoneに加えて、かなり前から噂になっていたスマートウォッチ、APPLE WATCHも発表されました。

スマートウォッチの発表は事前の予想通りですが、名称は予想外。あれ、iWatchじゃないの? AppleがiWatchの商標申請をかなり前から行っているのは周知の事実でしたから。

ただ、改めてちょっと調べてみると、ここ日本でも米国の個人がiWatchの商標(第9類、スマートフォンなど)を取得していたようです。一方で、Appleもジャマイカで出願し、そこから国際的に申請することで取得しているようです。あれれ? 特許電子図書館で検索してみると、先ほどの米国の個人の登録商標については、Appleを含め3社から異議申し立てがされているようです。そういえば、iPhoneも日本の「アイホン」の商標とぶつかってしまいましたが、これは話し合いで決着がつき、「iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています」となっていますが、iWatchに関しては折り合いがつかなかったということでしょうか。

まあ、確かに世界中で機を見るに敏な人が、iWatchはもとより、iTVやiCarといった「i」で始まる商標を申請していそうです。もっとも、売りつけるつもりの商標登録で、実際に使用されていない場合には、その商標を取り消しを申し立てることも可能ですが、使用されていないという証明もなかなか難しいですし、国によって判断が異なることもあるようです(特に中国での商標はなかなかやっかいのようです)。

もちろん、既存の登録商標と類似という問題もありますね。iWatchに関しては、スウォッチの商標であるiSwatchと紛らわしいというのが問題になっていたようです(ちなみにスウォッチも、上記の個人による商標登録に異議を申し立てている一社です)。iTVに関しては、イギリスのITVというTV局が異議を唱えているとか。

などなど、AppleとしてはiWatchを使いたかったのでしょうが、様々な事情により、断念してのAPPLE WATCHなのかな、と思います。それにしても、Appleをして乗り越えられなかったとは、かなり難しい課題だったのでしょうね。

もう一つ、いろいろ大変だったのだろうな、と想像できるのは、発売時期。2015年初頭ということで、まだ正確な時期は明らかになっていません。この種の製品発表は、発表時の勢いを活かすために、発表から時間をおかずに発売するのが常道。それが少なくとも3ヶ月以上あくわけですから、これ以上発表を待てなかったというやや苦しい事情が見えるような気がします(一方で、年間での売上の山谷をなくすために、あえてこの時期という見方もあるようです、それはそれで一理あるかも)。

ちょっと難癖をつけましたが、個人的に買うかどうか。うーん、正直あまり魅かれません。機械式時計というロマン(笑)とスマートウォッチという機能性のどちらを選ぶか。全くロジカルではありませんが、個人的には前者です。ただ、新しもの好きの血が騒いで、何だかんだ言いつつ買ってしまう気はします。
posted by 岡本浩一郎 at 18:26 | TrackBack(0) | テクノロジー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103493723
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック