2014年11月25日

クローバー

真面目な話が続いていますので、久し振りに肩の力を抜く話題でも。もうこの季節の恒例になりつつありますが、また会社の有志で映画を見に行ってきました。今回見に行ったのは「クローバー」。一年目となる一昨年は「今日、恋をはじめます」というラブストーリー、二年目の昨年は一転して「ルームメイト」というホラーでしたが、三年目となる今年は原点回帰(?)でラブストーリーです。

2014112501.jpg

これらの映画の共通項は、監督が古澤 健さんということ。古澤さんは実は、弊社の社員Sさんのパートナー(旦那さん)です。社員の家族が撮った映画ということで、社内に声を掛けて有志で見に行っています。2年目から一気に規模を拡大し、東京/大阪/札幌で鑑賞会を実施しましたが、今年も東京/大阪/札幌の3箇所で鑑賞会を実施しました。実は先ほど3箇所目となる大阪(の映画鑑賞後の飲み会)が終了したばかりです。もちろん私は3回とも参加(苦笑)。参加人数は着実に増加しており、昨年は110人を超えましたが、今年は120人を超えました。

正直、なかなか自分では見に行かないジャンルですが、見た後にみんなでワイワイがなかなか楽しいです。東京/大阪/札幌と3拠点で見に行くと、何気に地域性を感じたりもします。今回はラブストーリーと言っても、かなりコメディも入っているのですが、終わってみると、泣いている人もいるのが札幌。一方で、かなりオープンに笑いまくっているのが大阪でした。大阪では「きた!」とか「ないわ」とか突っ込みを入れているのが弊社の社員かと思いましたが、弊社の集団に巻き込まれた女子高生でした(笑)。

「今日、恋をはじめます」は高校生の話なので、主人公に感情移入するというよりは、お父さんの気分になってしまいましたが、今回は一応社会人の話でしたので、そこは問題なし。ちなみに完全に余談ですが、弥生的には社内恋愛も(仕事に影響を与えない範囲では)特に問題はありません。先週末も、めでたく結婚した二人をお祝いしたばかりですし。ただ、勤務中に裏に呼び出したり、社員旅行中に腕をつかんで連れ出すのはやっぱりNGですのでお気を付け下さい(見た人でないとわからないですよね、笑)。
posted by 岡本浩一郎 at 23:53 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105958281
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック