2014年12月25日

弥生会計 + SMART

昨日より、弥生会計 15およびやよいの青色申告 15(デスクトップアプリケーション)のオンラインアップデートを提供開始しました。今回のアップデートの目玉YAYOI SMART CONNECT(SMART)対応。そう、弥生会計 15や、やよいの青色申告 15でも、スマート取引取込、つまり取引データの自動取込と自動仕訳ができるようになりました(なお、弥生会計 15/やよいの青色申告 15でのスマート取引取込のご利用に際しては、あんしん保守サポートに加入している必要があります)。

2014122501.png

スマート取引取込を使えば、外部サービスから取引データを自動で取込み、それを自動で仕訳データとすることができます。現段階では、連動する外部サービスは、ZaimとMoneyLookで、それぞれから、銀行の明細、クレジットカード取引、電子マネー取引を取込むことが可能です(この他にβサービスですが、Twitterのツイートの取込みに対応しています)。やよいの青色申告 オンライン/白色申告 オンラインで既に対応しているMisocaやMakeLeapsといったクラウド請求管理サービス、AirREGIやスマレジといったタブレットPOSとの連携にも今後、順次対応していきます。

弥生会計 15、やよいの青色申告 15は、いずれもデスクトップアプリケーションならではの機能と操作性を備えています。同時に、昨年からスタートした弥生ドライブではデータのクラウド化を実現し、今回のSMART対応では、取引データの自動取込/自動仕訳を実現しました。これによって、デスクトップの機能と操作性、そして、クラウドによる利便性の両方を享受して頂くことができます。

もっとも、弥生ドライブも、SMARTもまだ進化の途上です。上述の通り、弥生会計 15、やよいの青色申告 15のSMART連携先はまだ限られますし、機能や、使い勝手という意味でもまだやらなければならないことは残っています。弥生ドライブも、SMARTも、継続的に着実に進化させていきますので、是非ご期待下さい。
posted by 岡本浩一郎 at 23:38 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/108332987
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック