2015年04月01日

引上げ延期への対応

昨日、3月31日に、2015年度税制改正の関連法が国会で成立しました。これによって、今年10月に予定されていた消費税率10%への引き上げは、2017年4月に延期されることが正式に法律として決定しました。

あれ、引上げ延期はもう決まっていたのでは、と思われる方も多いのではないかと思います。昨年12月の衆議院選挙では、この引上げ延期が争点の一つになっていましたし、その選挙で自公両党が勝利し、安倍総理の続投が決まった段階で、この引上げ延期は「ほぼ」決まったのは事実です。一方で、日本は法治国家ですから、正式に決まるのは、あくまでも法律として成立してから。実は昨日までは法律上は2015年10月に引上げとなったまま。昨晩の2015年度税制改正の関連法の国会可決で、ようやく2017年4月引上げが正式に決定したということになります。

とはいえ既定路線ということで、昨晩の関連法可決に関するメディアの扱いも小さいもの。引上げ延期となると本来は新聞一面を飾ってもよいぐらいインパクトのある話ですが、実際には記事を探すのも難しいほどでした。

既定路線ではあるのですが、今回の関連法成立は、弥生としては今か今かと待ちわびたもの。というのも、弥生が提供する業務ソフトウェアは、全てその時点での法令に基づいていますが、上でお話ししたように、これまでは引上げ延期という方向性と実際の法律(引上げは2015年10月のまま)に乖離があったため、お客さまへのご説明が非常に難しかったためです。

衆議院選挙を受け、昨年12月11日には、「消費税率10%への引き上げの実施日が、2015年10月から延期および見直しされる方向です。本見直しに伴い、弥生製品も見直し内容に応じた対応をいたします」というお知らせを公開したものの、「対応時期や対応内容の詳細は、今後の国会で提出される改正法案の成立後に、対応内容についてご案内いたします」と具体的に何がどうなるかはご説明が難しい状態でした。今回、関連法が成立し、ようやくはっきり具体的にご説明することが可能になります。

こちらに、弥生からの正式なお知らせを公開していますが、弥生では今月中に、今回成立した法律に基づいた対応を行い、現行製品である弥生 15 シリーズをご利用のお客さま全てにオンライン・アップデートで提供いたします。弥生オンライン(やよいの店舗経営 オンラインやよいの白色申告 オンラインやよいの青色申告 オンライン)に関しては、今後のリリース・スケジュールにあわせ、早期に引上げ延期への対応を行います。

今日はエイプリルフールということで、様々なネタが各所で披露されています。私も昨年見送っただけに、今年こそは復活と思っていたものの…。こんな日に「マジメか!?」と言われてしまいそうですが、やはり、お客さまの業務と事業をお預かりする身として、お客さまにとって大きな影響を与える話を優先せざるを得ません。

今回の消費税率引上げ延期という判断が正しかったのかどうかは、最終的には歴史を振り返ってみないとわからないことです。ただし、国としてそれを判断した以上、弥生は、お客さまがお客さまの事業と業務を、法令に基づき、かつ効率的に進めることができるよう、全力で支えていきます。

残念ながら、エイプリルフールネタはお預けですが、来年再利用…できるかな。
posted by 岡本浩一郎 at 17:11 | TrackBack(0) | 業務
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/116033691
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック