2015年05月01日

最終出社

今日が最終出社日です。と言っても辞めるわけではなく(またこのネタ、笑)、東京本社の引越のため、現本社である神田オフィスへの出社が本日で最後となりました。神田駅からオフィスまでの数分間も感慨ひとしお。

2015050101.JPG
2015050102.JPG

弥生が神田に引っ越したのが、2007年の半ば。もう8年近くこのオフィスにいたことになります。神田の前は芝浦、築地、六本木を比較的短い期間で移動していましたので、これだけ長い期間一ヶ所に留まったのは弥生にしては珍しいこと。私自身にとっても、2007年秋に最初はコンサルタントとして関わりはじめ、その後2008年4月に社長に就任して以来、ずっとこの神田をオフィスとしてきました。私にとっては、弥生と言えば神田。

8年近く神田で働いてきて実感しますが、ここは本当にいい街です。個人的に神田で気に入っているのは…

1) 便利
普段目立たない神田駅ですが、何気に東京駅からわずか一駅。どこに行くにも便利です。大型の家電量販店がある新宿、池袋、渋谷、秋葉原、有楽町、赤坂見附、大井町。これら全てに電車一本で移動することができます。

2) 充実した食環境
お昼でも夜でも、気軽なお店からちょっと贅沢なお店まで、神田駅周辺には飲食店が充実しています。大手町のようにオフィス人口密度が高くありませんので、お店に入るために大行列ということもありません。もちろんお弁当も充実しています。なかには300円台のお弁当屋さんも(食の安全が気にはなりますが)。ちなみに私の一番のお気に入りだったのはJugemuというお店です。

3) 中小企業の街
神田と言えば中小企業の街。現本社のある紺屋町も江戸時代に紺屋(染物屋)が多かったということもあって、今でもその流れを引き継ぐ小規模な薬品問屋が多く存在します。弥生のお客さまは中小企業ですから、お客さまを身近に感じることのできる立地を気に入っていました。

これだけ気に入った街でしたので、今回引越を検討する際も、第一候補は神田でした。ただ、残念ながら神田には数百名が1フロアに入ることができる大型ビルがなく(それが神田の良さにもつながっているのですが)、早々に断念することになりました。

ただ、実は新本社となる秋葉原UDXも住所は外神田。まだ神田とはつながっています。歩いても来れる距離ですし、秋葉原移転以降も散歩がてらたまにはお気に入りのお店に来ようと思っています。
posted by 岡本浩一郎 at 17:00 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/125278442
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック