2015年08月26日

あれから20年

20年前の1995年8月24日は、ITの歴史において大きなマイルストーンとなった日です。Windows 95が米国で発売された日。

私はちょうどその時、米国にいました。UCLAのビジネススクール(Anderson School)留学のために渡米したのが、1995年の7月(6月?)。秋からの正式な授業に向けて、まずは夏期講習で徐々に足慣らしをしていました。この時にPCを2台立て続けに購入しています。まず最初に購入したのが、Macintosh PowerBook 5300c。当時は断然Mac派でしたから。このPB5300cは、PowerPCのPowerBook! カラー液晶!と当時にしては夢のようなマシンでした。結構高かったのですが、トラブルもそれなりに多かったと記憶しています

そしてもう一台。Windows 95の発売と同時に購入したのが、Packard BellのLegendというデスクトップPCでした。いわゆるタワー型の筐体なのですが、下のほうが広くなっていて、ビルのような形をしたマシンでした。これを選んだのは、スペックの割りに安かったから。(ノートブックとデスクトップという違いはありますが)PowerBookの半額以下だったように思います。

今ならともかく、当時はPCを2台所有しているというだけでかなり特殊な人でしたが、メインはMacで、自宅で気合を入れてレポートを書く際にはデスクトップのWindows 95というように使い分けていました。

Windows 95は、何よりもPCを一般大衆のものにしたという意味で、ITの歴史において多大の貢献をなしたことに異論はないものと思います。もちろん、一般大衆でも使える操作性という意味ではMacの方がまだまだ先を行っていましたが、Macは圧倒的に高く、明らかに趣味のもの。普通の人が気軽に買うようなものではありませんでした。それに対し、Windows 95のマシンはみんなのPC。ビジネススクールでもすぐにWindows 95が圧倒的主流になりました。

あれから20年。今やPCが数万円で買える時代。当時のPCよりも圧倒的なパワーをもちつつ、圧倒的に小さいスマホがこれだけ普及した時代でもあります(当時はNewtonやPalm Pilotというものがありましたが、できることという意味では比較になりませんね)。そしてこの20年目の節目にWindows 10が登場しました。

Windows 10は、今後広く普及し、Windows XP/Windows 7を超えて、最も使われているWindows OSになるでしょう。ただ、もはやWindowsだけの時代でないのも事実。

Windows 95が登場した1995年はITの普及という意味で転換点になった年です。また、そのWindows 95は会計ソフトの普及という意味でも大きな転換点になりました。弥生会計もWindows 95対応版によって、一気に普及が加速しました。それから20年。弥生会計にも、ついにクラウドアプリケーションとして弥生会計 オンラインが登場しました。あれから20年、2015年もITの歴史にとって、そして弥生の歴史にとっても大きな転換点となる年だと感じています。
posted by 岡本浩一郎 at 23:59 | TrackBack(0) | テクノロジー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162294059
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック