2016年08月02日

相互レビュー

ここしばらくで、弥生の経営陣である本部長が集まって本部長合宿を行っています。合宿といえば熱海にでも行きたいところですが(たとえばオリックスグループのこことか)、実際にはオフィスの会議室に缶詰めになるだけです(苦笑)。

お蔭さまで弥生の業績は好調が続いていますし、今後の成長エンジンである弥生オンラインもようやく立ち上がりつつあります。だからこそ、さらなる成長を考えようということで、弥生の10年後についても議論をしています。

同時に、議論をする上で、まずお互いの理解を深めると同時に、自分の経営スタイルを振り返るという意味から、相互レビューというものを行っています。これは経営陣それぞれが、自分の経営スタイルを振返ると同時に、マネジメントとしての自分の強み、弱みを自己分析します。同時に、周囲にも、周りから見たその人の強みや弱みを書いてもらうというもの。自分自身で振り返るだけでなく、周囲にも評価してもらうことによって、客観的な自己分析が可能になります。

2016080201.jpg

強みに関してはここに書くのは何ですので、自分自身で認識している自分の弱みは…

  • 気分/機嫌/仕事のペースにムラがある
  • 人の話を十分に聞かないことがある
  • 自分の意見を曲げないことがある
  • (当人にそのつもりがなくても)不遜に見えてしまうことがある

お恥ずかしい限りですが…。一方で、周囲の評価としては、

Iさんから
  • 行き過ぎた完璧主義
  • 自分は正しい/全てに完璧を求め過ぎる/行き過ぎたマイクロマネージメント
  • 失敗を認めない
  • 弱みを見せない

Nさんから
  • 傾聴力・傾聴姿勢に課題
  • 冷笑的な笑い方を改める

手厳しいですね(苦笑)。正直凹みます。自己評価と通ずる部分も多々ありますが、改めてそう見られているのかということを実感します。40数年間に渡って確立されてきた自分のスタイルなので、一朝一夕に改善することはできませんが、どう見られているのか、どう振る舞うべきなのかを意識する良い機会になっています。
posted by 岡本浩一郎 at 21:21 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176331209
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック