2016年09月02日

普通の会社

去る8月31日は、弥生が普通の会社となった記念すべき一日でした。普通の会社になる、というとちょっと不思議な表現かもしれませんね。Hさんが、8月末で無事に定年退職されました。

2016090201.jpg (イメージ画像、笑)

弥生のルーツは1978年にまで遡りますから、実に創業40年近くということになります(ちなみに世代的にはMicrosoftが1975年創業と結構近いです)。これだけの歴史があれば、定年退職された方がいても不思議ではないのですが、現実には、株主が何回か変わり、経営方針も変わる中で、人の移動もそれなりに多く、これまでは無事に定年退職を迎える方はいませんでした。

私が社長になったタイミング(約8年半前)は、株主が変わったタイミングで、今だからこそ正直に言えば、当初は、経営の方向性が変わり、自分とは合わないということで、退職をされる方も一定数いました。しかし、お蔭さまでこの8年間で、すっかり安定しました。株主が変わるという意味では、約1年半前にもオリックスグループに入るという大きな変化がありましたが、経営方針が変わっていないこともあり、このタイミングで退社される方は皆無でした。弥生の離職率は、一般的に高いと言われるIT企業の中ではもちろん、一般企業と比べてもかなり低くなっています。

そうこうしているうちに、この度、めでたく初めての定年退職者が生まれた訳です。ご本人からすれば、色々な想いがあるのだと思いますし、単純にめでたくとは言い切れないのかもしれません。しかし、経営者としては(変な言い方なのですが)この日を待ち望んでいたのです。

社員が安心して働き続けられる会社。自らのキャリアを賭することができる会社。そして笑って定年退職を迎えられる会社。普通の会社であれば、当たり前かもしれません。でも、そんな普通の会社になることのできる日を待ち望んでいました。

むろん、普通の会社のデメリットもあります。世の中の進化のスピードが加速する中で、安定志向では生き残れない時代です。これまでと同じように漫然と働き、それなりにやっているだけでは、競争に勝ち残ることは難しいでしょう。ただ、本当に良い会社であり、すごい会社になるためには、まず普通の会社にならなければならない。そういった意味で弥生にとって、一つの大きなマイルストーンだと感じています。

とても有難いことに、Hさんは嘱託契約社員として働き続けて頂けることになりました。Hさん、これまで本当に有難うございました(本件をブログに書くことを許して頂いたことも含め)。これからも、引き続き宜しくお願い致します。
posted by 岡本浩一郎 at 18:23 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176719807
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック