2016年10月12日

大阪新会場

弥生 17 シリーズの発売開始にあわせて、本日から、会計事務所パートナー(弥生PAP会員)向けに新製品のお披露目会となる「弥生PAPカンファレンス 2016」を開催しています。本日は全国7会場のトップバッターとなる大阪会場。

本ブログでもお話ししているように、弥生の大阪カスタマーセンターと大阪支店はこの5月に移転しました。それまでは旧大阪支店のビルの地下に貸会議室があり、PAPカンファレンスは基本的に支店のあるビル内で開催することができていました。ただ、この貸会議室は最大でも100名(正確には108席)しか収容できないため、もう限界。実際、昨年秋の開催では、一杯いっぱいになってしまい、私から、来年はオフィスも移転することですし、会場もより大きな場所にします、今年は狭いことをご容赦下さい、とお話ししたことを覚えています。

今回、オフィスの移転を機に、ゼロからの会場探しとなり、結果的には梅田近隣の会場を選定しました。今度の会場は定員が200名。これまでの倍ですからまあ大丈夫かな、と思っていたのですが…。結果的には今年も一杯いっぱいになってしまい、またもや来年はより大きな会場に移します、とお詫びをすることになってしまいました。

会場は一応下見もしたはずなのですが、いざ200席(工夫して何とか207席)の机と椅子を設置するとギチギチ。結果的には当日急遽参加できなくなった方が一定数いらっしゃったので、参加者は166名と数字的には収まっているのですが、快適にご参加頂けているとは言えない状況で、大変申し訳ありませんでした。会場までのエレベーターのキャパシティも小さく、帰り際にもだいぶお待ち頂くことになってしまいました。

2016101201.jpg

次回以降の大阪会場は一から探し直しです。この種の会議室は、稼働率の関係から100名収容ぐらいまではそれなりに選択肢がありますが、それを超えると一気に選択肢が減ってしまう(特に東京以外では)ので、困りものです。

来週の東京なのですが、実は…、こちらも結構キツキツになりそうです。昨年の会場の定員が210名だったものを、今年の会場は300名まで拡大しています。それに対し、お申し込みは既に316名。実際には当日来れなくなったという方はいらっしゃるので、定員オーバーはないと思いますが、かなりキツキツになることは避けられないかと思います。

こういった状況もあり、東京については既に受付を終了させて頂きました。11月の開催となる会場(名古屋/仙台/福岡/札幌/広島)については、まだ受付を行っていますが、できるだけ早めのお申込みをお願い致します。

会場の話に終始してしまいましたが、肝心の中身はかなり好評でした。相当な手ごたえを感じています。これからの会場でご参加頂く方も、是非楽しみにして頂ければと思います。
posted by 岡本浩一郎 at 23:18 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177234297
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック