2016年12月07日

職場を越えた付き合い

娘の通っている小学校には、いわゆるPTAとは別に、有志が集まった「父親の会」があります。父親の会としてイベントを企画したり、あるいは、運動会などの学校行事のお手伝いをしたり、はたまた地域の行事のお手伝いまで。

私もこの父親の会に参加し、微力ながらもちょこちょことお手伝いしています。学校のイベントには全力参加。準備から後片付けまでありますので、子供より早く学校に行って、子供より遅く帰ることもあります。お蔭さまで、運動会のためにテントを立てるのが得意になりましたし、ポップコーンを作るのも上手になりました(笑)。先日PTAのイベントでは、父親の会でポップコーンと綿菓子の出店をしたのですが、2時間ちょっとでポップコーンを400個以上、綿菓子を300個以上作り販売しました。父親たちの時給を考えると、全くペイしていませんが、子供たちの笑顔は何ものにも代えられません。

父親の会のもう一つのお楽しみは、イベント後の(イベントがない時でも?)飲み会。父親達は、子どもが大好きという共通項はあるものの、バックグラウンドは様々。普通のサラリーマンから、自営業、地元に根付いている商店の二代目、公務員まで。父親達との飲みでは、普段知らない世界を垣間見ることもでき、非常に愉快です。皆、子供の喜ぶ顔を見るためにひと肌脱いでいるわけですが、その後の飲みが楽しくてというのもまた本音かと思います。

先週末は父親の会の忘年会。最初から最後まで、ワイワイと楽しい時間でした。利害関係も何もなく、ただ子供が好き、地域が好き、そして楽しいことが好きという仲間は本当に貴重です。こういった愉快な仲間と知り合えたことは本当に有難いことだと思っています。

もちろん、お客さまのことを想い、一緒に歩み続けている社員の仲間は何よりも大事。ただ、人の一生は職場で完結するわけではありません。職場の仲間はもちろんですが、職場を越えた付き合いも大事にしていきたいと思っています。
posted by 岡本浩一郎 at 18:13 | TrackBack(0) | パーソナル
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177960101
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック