2016年12月20日

永年無償化

弥生は結構思い切ったな、と思われるかもしれません。昨日、弥生は、個人事業主向けのクラウド会計ソフト「やよいの白色申告 オンライン」を永年無償化することを発表しました

個人事業主が確定申告をする上では、白色申告という方式か、青色申告という方式を選ぶことができます。本ブログでも度々お話ししてきた通り、明らかにメリットが大きいのは青色申告ですが、帳簿を付けるという手間が発生すること、また、明示的に選択する(=申請をする)必要があるため、、結果的に、白色申告のままの方も相当数存在します。

状況が少し変わったのは、2014年。2014年の1月からは白色申告でも記帳が義務化され、メリットはないけれど記帳せずにラクができる白色申告 vs. メリットは大きいけれど記帳が必要な青色申告という構図から、どちらにしても記帳が必要、であれば青色申告にした方がおトクという構図になりました。

弥生では、この白色申告の記帳義務化を踏まえ、2014年1月にやよいの白色申告 オンラインをリリースしました。サービス開始からほぼ3年。お蔭さまで多くの方にご利用頂いています。同時に、やよいの白色申告 オンラインから、やよいの青色申告 オンラインに移行される方も着実に増えてきました。やよいの白色申告 オンラインで帳簿付けになれてしまえば、青色申告でも余裕ですし、そもそも帳簿付けといってもスマート取引取込を利用すれば、かなりの割合で自動化が可能です。

さらに多くの方に、青色申告に移行して頂き、メリットを享受して頂きたい。そのためには、まず白色申告で帳簿を付けることに慣れて頂く必要があります。まずはやよいの白色申告 オンラインで帳簿を付けることに慣れて頂き、そしてその上で、やよいの青色申告 オンラインに移行して頂きたい。そのためにも、入り口であるやよいの白色申告 オンラインのハードルを可能な限り下げたい。それが今回の永年無償化の裏にある弥生の想いです。

2016122001.png

これまでもやよいの白色申告 オンラインでは初年度無償というキャンペーンを実施していましたが、今度は永年無償(フリープランの場合、サポートをご利用頂けるベーシックプランはこれまで同様年8,640円)。これで躊躇いなく、まずはやよいの白色申告 オンラインから、青色申告への道を歩み始めて頂けるのではないかと思います。

永年無償でのご利用のお申込みは12月26日より開始となります。この機会に、是非やよいの白色申告 オンラインをご活用下さい。
posted by 岡本浩一郎 at 21:57 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178109329
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック