2016年12月22日

弥生 レシート取込

年末が迫ってから発表が続いていますが、やはり年内に目処を付けて年末年始はすっきりしたいという心理が働いているのかもしれません。今回弥生が発表したのは、「弥生 レシート取込」というスマートフォンアプリです。

昨年、電子帳簿保存法の改正が行われ、領収書やレシートなどの証憑をスキャナで取り込み、電子保存することが、より広く認められるようになりました。制度としてはそれまでもあったのですが、色々と制約が多く、特に中小企業にとっては実用的なものではありませんでした。それが先般の改正によって、中小企業にとっても使いうる制度になったのです。これに呼応して、弥生は1月にスキャンデータ取込という機能を提供開始しました。

実は電子帳簿保存法は今年も改正が行われ、今度はスキャナからの取込みだけではなく、スマートフォンのカメラでの撮影も認められるようになりました。これを受けて今回弥生がリリースしたのが、弥生 レシート取込です(iOSアプリがこちら、Androidアプリがこちら)。

2016122201.png

このアプリを使えば、従業員がそれぞれ領収書を自分のスマートフォンで撮影したデータを弥生会計で取込み、仕訳データとして処理することが可能です。ちなみにここでいう弥生会計は、デスクトップ版の弥生会計/やよいの青色申告、クラウド版の弥生会計 オンラインやよいの青色申告 オンラインやよいの白色申告 オンラインの全てを含みます。つまり弥生であれば、デスクトップでもクラウドでも業務のペーパーレス化を進めることができるのです。

なお、正式に電子帳簿保存とするためには、業務フローをしっかりと組み立てる必要がありますし、所轄税務署への申請・承認が必要となり、承認されるのは最短でも来年1月1日となります。ただ、電子帳簿保存でなくても(この場合、領収書そのものは保管しておく必要があります)、従業員自身に経理処理の一部を担ってもらえるという意味で、会計業務のあり方を大きく変える力を持ったアプリだと考えています。

お客さまの会計業務を圧倒的に効率化する「会計業務 3.0」。その一端を担うのが今回の「弥生 レシート取込」です。是非試して頂ければと思います。

最後になりますが、Merry Chrismas & Happy Holidays!
posted by 岡本浩一郎 at 17:23 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178128503
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック