2017年01月31日

確定申告に向けた準備

1月も今日で終わり。2月に入ると…、そう、いよいよ確定申告が始まります。ソフトウェアに関する今回の確定申告の準備は既に完了しています。デスクトップアプリケーション(やよいの青色申告 17)向けの平成28年分確定申告モジュールは、1月20日から既にオンラインアップデートで提供を開始しています。また、クラウドアプリケーション(やよいの白色申告 オンラインやよいの青色申告 オンライン)は、昨日のバージョンアップによって、平成28年分の確定申告書に対応するようになっています。

2017013101.png

毎年、確定申告書は少しずつ様式が変わっているのですが、今回の平成28年分の申告から、申告者本人や扶養親族のマイナンバーの記載が必要になったことから、様式が大きく変わっています。このため、平成28年分の確定申告書対応に必要となる工数もそれなりに大きかったのですが、幸いにして今回は、国税庁による様式の公開が例年になく早期だったため、早めに着手することができ、結果的にほぼ例年通りのタイミングで対応版を提供することができました。おそらく、マイナンバー対応でベンダーの工数が増えるだろうから、早めに公開しないと、という国税庁の親心(?)があったのではないかと思いますが、本当に助かりました。

今年の確定申告期間は2月16日(木)から3月15日(水)まで。この時期はやはり確定申告に伴うお問合せを多く頂くことから、カスタマーセンターでの対応準備も進めています。マイナンバーの影響なのか、今年は1月から例年よりも確定申告に関するお問い合わせが増えており、例年以上に周到な準備が必要だと考えています。

確定申告に向けた準備が一番進んでいないのは、実は私自身かもしれません。私は例年確定申告をしていますが、今年は例年より圧倒的に準備が進んでいません(泣)。例年であれば、1月中にはざっくりと数字がまとまっているのですが、今年はまだこれから。3月15日ギリギリで慌てることのないよう、今週末ぐらいからはさすがに気合を入れて準備しないと(笑)。
posted by 岡本浩一郎 at 18:15 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178612683
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック