2017年06月20日

理想と現実のギャップ

今日は外出しての打合せが連続していたのですが、打合せの合間で少々時間を持て余したため、たまたま文房具店に立ち寄ったところ懐かしいものを発見しました(時間調整が30分であればコーヒーですが、10分〜20分であれば本屋が多いですね。文房具店は見ているとワクワクするので、あるとラッキーです)。

2017062001.JPG

これが何だかわかるでしょうか。今どきの人にはもはやピンと来ないかもしれません。これは(勘定)科目印です。今はこれだけ会計ソフトが普及しましたから、原始証憑(レシートなど)の情報を元に直接会計ソフトに入力するのが普通ですが、会計ソフトが普及するまでは、振替伝票に手書きで伝票を起こしていました。手書きの代わりに使われていたのが科目印。一般的な科目をカバーした60本セット、90本セットというものがあったり、「有価証券評価損」のようにそれほど使用頻度が高くない勘定科目についても単品で購入することが可能でした(オーダーメイドもありました)。

少し前に本ブログでもお話ししましたが、弥生シリーズは30周年。これだけ会計ソフトの利用が一般的になった中で、もはや誰も使っていないだろうと思っていた科目印がまだ売られていることに少々驚きました。もっとも調べてみると、インターネットでも購入できるようなので、まだ使っている方は一定数いらっしゃるのかもしれません(インターネットという文明の利器を使いつつ、科目印を使うというところに矛盾も感じますが)。

確かに、弥生会計を使っていても、まずは一旦手書きで振替伝票を書いて、それから弥生会計に入力するという事業者の方もいらっしゃいます。以前手書きで伝票を起こしていたから、弥生会計導入後もそれを継続しているといったケースです。ただ、これでは、残念ながら弥生会計を導入したことによる業務効率化を充分に享受することができません。

今、弥生では、スマート取引取込による仕訳入力の自動化であり、取引の発生から試算表までを一貫して自動化する「会計業務 3.0」を推進しています。一方で、現実には、今でも手書きや科目印で伝票を起こしている方もいらっしゃるわけです。理想と現実のギャップとも言えるかもしれません。残念ながら、このギャップは一朝一夕で埋めることはできないでしょう。ただ、事業環境がさらに厳しくなっていく中で、業務効率化に積極的な事業者とそうでない事業者の間では自ずと優劣が出てくるでしょうし、その中で、業務を変革させ続ける事業者だけが生き残っていくでしょう。それは一晩や、一年で起こることではありませんし、5年や10年、ひょっとしたらもっと長い時間がかかるかもしれません。

時間はかかるでしょう。それでも、弥生のお客さまが生き残り、勝ち残れるように、弥生は会計事務所の力も借りながら、粘り強く働きかけ続けたいと思っています。
posted by 岡本浩一郎 at 19:05 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180108029
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック