2017年06月26日

喧々諤々

ALTはこの秋のテスト的な融資開始に向けて様々な準備を進めています。やるべきことは山積み。お客さまが直接的に目にするWebのシステムから、裏側でビジネスを支える基幹系システムまで、システムをゼロの状態から一通り揃える必要があります。その中でも、与信判断を行う与信エンジンはALTの競争優位性の源泉であり、特に重要だと考えています。一方で、システムを開発すればビジネスが成立する程簡単な話ではありません。マーケティング、すなわちどんなお客さまに対して、どんな商品/サービスを提供するか、その際にどうやって認知して頂き、どうやって利用につなげるか、も極めて重要だと考えています。いくらいい商品/サービスがあったとしても、それを認知して頂き、利用して頂かなければ何の意味もありません。

2017062601.JPG

先日は、全メンバーが集まってのマーケティング・オフサイトを開催しました。これまでに20名以上の事業者の方にインタビューを実施してきましたが、その知見を踏まえ、ターゲットとなるお客さま像を整理。そのお客さま像に対し、どういった商品/サービスをどのように提供するかを各メンバーで考え、それを一人ずつ発表。最後には皆で投票。

では、すっきりくっきりと「これで行こう」となったかというとまだまだ。まだまだ喧々諤々の議論が必要です。実際問題としては、やってみなければわからないというのもまた真実。とはいえ、だからといって今の時点で考えることを放棄することはありません。まずはこの段階での徹底的な議論を重ねた上で、実際にサービスを開始して以降もお客さまの反応を見ながら調節を続ける必要があると考えています。正直、まだなかなかゴールに近付いている実感はありません(苦笑)。それでも、悩みながらの一歩ずつではありますが、着実に前に進んでいます。
posted by 岡本浩一郎 at 22:11 | TrackBack(0) | アルトア
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180166998
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック