2017年08月30日

いざとなると

そろそろ起きる時間ではあるものの、うーんもう後10分、とうつらうつらしているその時、iPhoneが大音量でなり始めました。あれ、アラームはかけていないし、大体なんでこんな大音量で、と混乱しつつ画面を見ると、そこには見たことのないメッセージが。

2017083001.PNG

「ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮から…」。どういうこと??? 寝起きでボーっとしており、頭が回りません。正直何が起きているのか、全く理解できない。昨日の朝、出張でたまたま訪れていた札幌のホテルでのことです。

何をどうすればいいのかわからないなかで、急に家族のことが心配になります。あわててメッセージを送ったものの、なかなか返信がなく、ますます心配になってきます。後でわかったことですが、この警報の対象になった地域とそうでない地域があり、家族は全く気が付いていなかったとのこと。このタイミングでようやくTVをつけますが、得られる情報はJアラートが発令されたというだけで多くはありません。

しばらくすると、「ミサイル通過。ミサイル通過。先程…」というメッセージが配信され、またTVでも少しずつ情報が増え、差し迫った危険がないことがわかりました。しばらくすると家族から「今ニュース見ているけど…」というメッセージが入り、ほっと一安心。ようやく通常の出勤準備モードに入り、シャワーを浴びてから朝食を食べに行くことに。朝食会場が普段と変わらない(正確に言えばまだギリギリ8月中なので家族連れが多い)ことに心底ほっとしました。

後で冷静になって考えてみれば、Jアラートを受信した際、やるべきことは何もできていません。本来やるべきことはとにかく少しでも安全な場所に避難すること。ホテルでいえば、窓がある部屋よりも、窓がない廊下に避難すべきだったのでしょう。2011年の大震災以降、地震速報には敏感に反応するようになりましたし、災害に対する心の備えもそれなりにできていると思っていましたが、いざとなると何もできないものです。

いつ何があるかわからない時代。改めて備えることの必要性を実感する出来事でした。ただ現実問題としては、今後もこういったことが続けば、むしろまた警報か、でも何もないんでしょ、とむしろ慣れてしまうような気がします。実は、それが一番恐ろしいことなのかもしれません。
posted by 岡本浩一郎 at 23:39 | TrackBack(0) | パーソナル
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180832842
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック