2017年10月02日

FY18スタート

先週金曜日で、弥生の2017年度(FY17)は営業日ベースで終了。これまでにもお話ししていますが、弥生のビジネスは仕込みが重要で、営業で追い込みをかけることはない(かけても意味がない)ため、期末最終日といえども、いつも通りの一日でした。

月末だし、金曜日だし、ということで、少し飲みに行きませんか、と社内で軽く声をかけたところ、営業責任者のNさんは午後休を取得しているということ。営業の責任者が期末の最終日にお休みをとれる会社はなかなかないですよね(自慢です)。よく考えると、金曜日はスケジュール変更も噂される「プレミアム・フライデー」。さすが、時代を常に先取りするNさんです(笑)。

さて、週が明けて今日からは2018年度(FY18)がスタートです。FY17については、数値面ではほぼ計画通りの着地を見込んでおり、まずまずな一年でした。一方で、いくつかの重要な点において充分な成果を出し切ることができていないのも事実です。例えば、法人におけるクラウド会計ソフトの普及。個人事業主向けのクラウド会計ソフトは着実に普及が進んでおり(それでも普及率という意味ではまだまだですが)、その中で弥生は過半のシェアを占めることができています。これに対して、法人でのクラウド会計ソフトの普及は率直に言ってまだまだ。

普及活動をしている中で改めて実感するのは、お客さまにとってクラウドは目的ではなく、手段でしかないということ。まだ利用者の少ない弥生会計 オンラインよりは、デスクトップアプリである弥生会計と、クラウドサービスである弥生ドライブ/スマート取引取込を組み合わせて、デスクトップとクラウドの利便性を組み合わせるというお客さまの方が多いのが現実です。弥生としては、それはそれでok。もちろん、弥生会計 オンラインは、今後も時間をかけてじっくりと育てていきますが、それ以上に、デスクトップでも、クラウドでも、お客さまに選択肢を提供し、お客さまに合ったやり方で、利便性を実感して頂くことが重要だと考えています。

Misocaと共に、企業間取引の新しい形を示すという目標もまだまだ道半ばです。Misocaは着実に進化を続けており、Misocaユーザー間での受発注機能など、目指す姿の片鱗は見えてきています。ただ、目指す姿の全体像からすると、まだまだ入り口にすぎません。

オリックスグループの力を活用したFinTech領域での取り組みについては、ALT株式会社の立上げにつながったことはこれまでもお話ししてきた通りです。サービス開始に向けて全力で準備を進めていますが、実際にご利用頂けるまでにはもう少し時間がかかります。

FY18は、数字面だけでなく、FY17以前から手掛けてきた案件が着実に結実する一年にしたいと思っています。いずれも、ここまでにもじっくり時間をかけてきた案件です。クラウド会計への取り組みはもう5年以上ですし、ALTに関しても、実は2年近く前から準備を進めてきています。短期的な成果だけを追うのではなく、長期的な取り組みができることが弥生の強み。そういった意味で、一日を焦る必要はないと思っています。それでも、着実に成果となるよう、一日一日を大事に、着実に前に進めていきたいと思っています。
posted by 岡本浩一郎 at 17:41 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181164213
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック