2017年10月05日

学生のうちに

今週月曜日は、期初の一日でしたが、同時に、来年4月の新卒入社予定者の内定式でもありました。今回内定となったのは4名。ご承知のように、一昔前の就職氷河期とうって変わって、今は圧倒的な「売り手市場」。そんな中で弥生を選んで頂いた4名には本当に感謝しています。売り手市場の中で企業の人事部が恐れるのが、内定辞退ですが、幸いにして予定通り全員が揃っての内定式となりました。

内定辞退が見込まれるのであれば、多めに内定を出しておこう、と考える企業もあるかもしれませんが、そうするとどうしても一人ひとりに対するケアが薄くなりますし、そもそも、採用する上での基準を妥協するようでは本末転倒です。

弥生の場合、本来は6名(ご縁があれば8名)採用したいところ。ただ、とりあえず多めに採用して、入社後会社と合わなかったら残念でした、というのはあまりに無責任です。入社して頂いた以上、確実に10年20年30年と活躍して頂けるように、と考えると、選考の基準を妥協することはできず、結果的に4名の内定に落ち着きました。

内定式では、一人ひとりに内定通知書をお渡しします。人数が多ければ、二人目からは「以下同文」となりがちですが、一人ひとり想いを込めてキチンと読み上げることができるのは、少人数採用のいいところです。その後は、内定者の自己紹介。パワーポイントを使った立派なプレゼンテーションです。少し前までは、パワーポイントの扱いに慣れていない学生の方も多かったのですが、今回の4人は、中身はもちろん、パワーポイントの扱いも見事なものでした。やはり、早いタイミングからこういったツールに触れる機会が増えているのでしょうね(ただ、そのうち、いわゆるQWERキーボードでなく、フリック入力の方がいいという人も出てきそうです、笑)。

今回内定となった4名の入社まであと半年。チーム弥生の一員として一緒に歩める日をとても楽しみにしています。一方で、4名の方にとっては、充実した半年にしてほしいと思っています。「楽しいのは学生のうちだから、今のうちに精一杯楽しんでおいた方がいい」という先輩方もいらっしゃいますが、私個人としては、社会人になってからも、楽しいことは山ほどあるので、そんなに焦る必要はないと思っています。何よりも、学生の本分は学業ですから、それをキチンと仕上げるべきですよね。

もっとも、学生時代の方が色々なことを試せるのは事実。私の場合は、社会人になったら絶対にやらないであろう仕事を試してみたいと思って、一年間、ホテルのフロント(夜勤)のバイトをしました。このバイトで得た、オタクだと思っていた自分が、意外に人と接することが好きだという発見が、今のキャリアにつながっているような気もします。
posted by 岡本浩一郎 at 17:37 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181199093
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック