2018年03月27日

嬉しいプレゼント

前回は、MacBook Proが自分への誕生日プレゼントと書きました。この年になると家族で仲良く誕生日を迎えられることが最大のプレゼント。何せ娘がいつまで付き合ってくれるかわかりませんから(泣)。そういった意味であまりモノへの拘りはないのですが、先日とても嬉しい誕生日プレゼントをサプライズで頂きました。

2018032701.JPG

「アルトア創業者 岡本 浩一郎」という随分と立派な机上名札です。裏面には「アルトア株式会社 社員一同より 愛をこめて」と彫り込まれています。本物の唐松でできているようで、好奇心からちょっと調べてみたところ、結構なお値段がするようです。

正直、創業者と堂々と名乗れるほどの成果はまだ出せておらず、まだまだ自分にはもったいない名札です。ということで今のところ、机の上に堂々とというよりは、棚の上で弥生のイメージキャラクターの芳根京子さんと一緒に「しっかりやれ」と私を見つめてもらうことにしました。

この誕生日プレゼントは先週、アルトアに新しく入社したTさん(と、その前に入社しながらちゃんとした歓迎会をできていなかったNさんとAさん)の歓迎会で頂きました。このプレゼントを中心になって手配してくれたDさんが当日体調不良で参加できなかったことは残念だったのですが、予期していなかったまさにサプライズでのプレゼントを、とても嬉しく、有難く頂戴しました。

このエピソードがいい例ですが、アルトアはまだまだ少人数のチームということもあり、かなりウェットな人間関係です。

一方で、弥生は社員数が650人を超え、良くも悪くもそこまでのウェットな人間関係ではありません。むろん、いいチームワークはできていると思いますが、もう少しさっぱりとした大人な関係とでも言うのでしょうか。

もう一つのチームであるMisocaは、いいモノを作ろうという観点で、とても強力なチームワークができていると思いますが、みんなで飲みに行くといった人付き合いという観点では、弥生以上にさっぱりしているようです。

もちろん、どれが正解ということはないと思います。私にとってアルトアのメンバーも、弥生のメンバーも、Misocaのメンバーも、皆大事な仲間。それぞれの会社の歴史や文化によって、チームワークのあり方は異なりますが、チームワークこそが価値を生む原動力であることに違いはありません。

ただ一つ言えるのは、そういった多様なチームの一員として活動できていることはとても幸せであるということ。アルトアのメンバーにも、Misocaのメンバーにも、もちろん弥生のメンバーにも、とても感謝しています。
posted by 岡本浩一郎 at 18:20 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182814900
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック