2018年07月17日

JCB×弥生

7月の巡業も中盤戦。巡業に加え、週末のマザー牧場でのキャンプ(昨年に引き続いて二回目)の疲れがじわじわときていますが、今週も巡業は続きます。今週は前半は鹿児島、一旦東京に戻って後半は札幌とまさに日本縦断です。暑さにめげないように頑張りたいと思います。

2018071701.JPG
機内より桜島。昨日噴火したそうで、市内には灰が舞っています。

先週はキャッシュレス・ビジョンについてお話ししましたが、これはお話しした通り、もともとは「クレジットカードデータ利用に係るAPI連携に関する検討会」に委員として参加したことがかかわるきっかけです。キャッシュレスの推進については、今後もう少し深堀ってみたいと思いますが、今日はきっかけとなったクレジットカード会社とのAPI連携についてのお話です。

本日、7/17より、弥生はJCBとのAPI連携を開始しました。今回のAPI連携により、JCBカードをご利用かつ弥生会計(デスクトップでもクラウドでも)をご利用のお客さまは、JCBのカード明細情報を安全かつ安定的に弥生会計に取り込み、自動で会計処理を行うことが可能となります。個人向けのカードはもちろん、法人カードも対象です。

金融機関とのAPI連携は、3月の住信SBIネット銀行に続いて2社目となります。先日お話ししたオープンAPI推進研究会は、6月の「API利用契約の条文例 (中間的な整理(案))」に引き続き、今月頭に「銀行法に基づくAPI利用契約の条文例(2018年7月暫定版)」を公表しました。暫定版という名称ですが、これまでの議論を全て反映しており、議論としては一旦これで収束です。ようやく多くの金融機関と標準的な利用契約案をベースに議論できる状態になったということで、弥生としても、この条文例をもとに、今後多くの銀行とのAPI連携を、できるだけ早いタイミングで進めていきたいと考えています。

なお、今回のJCBとのAPI連携を記念して、「JCB法人カード」をお持ちのお客さまを対象に「弥生会計 オンライン(セルフプラン or ベーシックプラン)」を初年度無料でご提供する「JCB×弥生 API連携開始特別キャンペーン」を行います。弥生のお客さまがJCBカードを、JCBのお客さまが弥生をご活用頂く良い機会になることを願っています。
posted by 岡本浩一郎 at 18:15 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183925704
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック