2018年11月02日

オーストラリア出張

水曜日からオーストラリアに出張に来ています。火曜日の夜に日本を出て、水曜日の早朝に到着。水/木/金と3日間みっちりと仕事をして、今晩の深夜便で日本に戻ります。

オーストラリアに出張というと、まずシドニー(Sydney)を想像します。Harbour BridgeにOpera Houseといった観光名所はもちろん、日本における東京への一極集中振りから、オーストラリアのビジネスもシドニーに集中しているのかと思いがちです。実際、今回は水曜日こそシドニーでした(Harbour BridgeもOpera Houseもしっかりと散策しました、笑)が、木曜日の朝にメルボルン(Melbourne)に移動。木/金の二日間はメルボルンでした。メルボルンは住みやすい街として評価が高いとのことで、将来的にはシドニーの人口に並ぶと予測されているのだそうです。約一年前に日本航空がメルボルン直行便を就航させましたが、そういった背景があるのですね。

2018110201.jpg

今回の出張の目的や訪問先は一旦秘密ということにしておきますが、二つの観点から、非常に有意義な出張となりました。一つ目は、社会全体の観点。前回お話しした「2020年代には、そもそもその業務自体が劇的に変わっていく、極端な話、なくなっていく」という話につながるのですが、自分の頭の中で考えているのと、実際に実現されつつあるところを見るのでは大きな違いです。もう一つの観点は、弥生自身の観点。弥生として何を考え、どの方向を向くべきか、非常に有益な示唆を得ることができました。

自分の頭で徹底的に考えることはもちろん必要。ただ同時に、世界に出て様々なことを見聞きすることも同じように大事です。今だから言えることですが、本ブログでも少しお話しした2016年3月の出張(この時は、シリコンバレーからアトランタ経由でロンドンから帰国、結果的に世界一周)は、その後2017年2月のALTの立上げ、そして2017年12月のアルトアのサービス開始につながっています。

このタイミングで色々な方と会えた/議論できたのも一つのご縁。本当にこのタイミングで来て良かったと感じていますし、今回のご縁は、必ず今後につながっていくものと確信しています。
posted by 岡本浩一郎 at 22:14 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184847728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック