2018年11月15日

お客さまの卒業

豊吉さんの卒業について書いたばかりですが、たまたま先週、「卒業」されたお客さまにお会いする機会がありました。毎回いい刺激を受ける経営者仲間と行ったお店でのことです(Nさんご馳走さまでした!)。

Nさんが「そういえばこのお店も確か弥生を使っていたはず」と言われるので、恐る恐る聞いてみると…。「ええ、弥生の社長さんですか!? もちろん使ってますよ」との嬉しいお言葉。ただ、よく聞いてみると、かつてやよいの青色申告を使っていた、ということのようです。

このお店は4年前にご主人が独立して、麻布十番に開業した割烹なのですが、今では屈指の人気店に。なかなか予約を取るのも難しいそうです。確かに一品一品が全て完璧なまでに美味しい。最初に出てきたセコガニが最高でしたし、お出汁も絶品でした。ああ、ヨダレが…。

本ブログには珍しく食べ歩き記事になってしまいそうですが、話を戻すと、開業当初はやよいの青色申告でご自身で帳簿を付けられていたのだそうです。では、今はどうしているのかというと、会計事務所にお任せしているとのこと。まあ、これだけの人気店になれば、それはそうですよね。

弥生としては、事業を立ち上げた直後こそ、おカネの流れをしっかりと可視化し体感できるように、ご自身で帳簿を付けることを推奨しています。ただ、事業が発展していく中で、いつまでもそれが正解だとは考えていません。おカネの流れを把握できるようになり、同時に、従業員も増えてくれば、帳簿付け自体は従業員に任せた方がいい(もちろん経営者として数字はしっかり見ていただきたいですが)。あるいは、今回のケースのように、事業がそれなりに安定してくれば、外部の専門家に任せてしまい、ある意味時間をおカネで買うという選択肢もありだと思います。

もっとも弥生側の観点で事業戦略を考えると、折角お客さまになって頂いたのに、卒業されるのは勿体ないという考えが一般的かと思います。初めてのクルマがカローラであれば、次にはコロナに乗っていただき、その次はマークII、そしていつかはクラウンという道筋を示すことによってお客さまの卒業を防ぐ(車名に時代を感じますね、笑)。この考え方には合理性がありますし、一般的には正しい戦略だと思います。

ただ、卒業を防ぐために商品ラインアップであり、(言い方を変えれば)戦線を広げていけば、会社としてのフォーカスが曖昧になりがちなのも事実です。カローラ(や軽自動車)を求めるお客さまとクラウン(やレクサス)を求めるお客さまでは、価値観も異なるし、車を選ぶ基準も異なる。トヨタほどの超大企業であれば、それら全てをうまく満たすことも可能でしょうが、弥生の規模では、どちらも中途半端になりかねません。

弥生は、起業されて初めて使う会計ソフトを提供することに拘りたいと思っています。だからこそ、弥生は初めての方でも「かんたん、あんしん、たよれる」に徹底的に拘っています。もちろん、使い勝手を評価いただき、結果的にもう何十年も弥生を使い続けていただいているお客さまも多くいらっしゃいますし、中には上場しても弥生を使い続けているお客さまもいらっしゃいます。一方で、卒業されるお客さまも一定の確率で発生します。

かなり前に一度お話ししたことがありますが、弥生は、お客さまが「卒業」されることをネガティブには捉えていません。事業のステージが変わる中で、自社で行っていた会計業務を完全に外部に委託することもあるでしょうし、あるいは、組織が大きくなる中で、例えばより厳格な内部統制を行うために会計ソフトを見直すこともあるでしょう。その場合、お客さまは弥生を「卒業」されることになります。弥生として寂しさを感じない、というと嘘になりますが、逆に弥生を活用して、そこまで事業を成長させることができた、ということに喜びと誇りを感じます。

今回のお店も、開業当初は今のような予約の取れないお店ではなかったとのこと。帳簿を付けながら、大丈夫かなあ、でも頑張ろうという日もひょっとしたらあったのかもしれません。それが今や予約の取れない繁盛店。そこまでの成長を支えることができた、ということは弥生にとって紛れもない喜びであり、誇りです。
posted by 岡本浩一郎 at 19:05 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184950595
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック