2019年01月15日

こんなところに顔が!?

少し前になりますが、とあるウェブサイトのトップページで自分の顔が結構ドーンと表示されていることに気が付きました。これまでも色々と取材を受けた結果が、ウェブサイト上に掲載されることは多々ありました。ただそれは、基本的には個別の記事ページの話で、トップページで顔写真入りというのは滅多にありません。

もっともこの時は、特に記者発表を行ったタイミングでもなく、個別で取材を受けたタイミングでもなく…、何だ…と思ってよく見ると、実は広告でした。

2019011501.jpg

広告にしても、弥生の広告でもなければ、アルトアの広告でもない。改めて見てみると、私の顔と並んでいるのは、アルトアの基幹システムCloud Lendingの導入でお世話になった富士通のN部長の顔。そう、これは、富士通さんの広告でした。キャプションには「AI活用で融資業務が変わる。富士通が提供する最新レンディング向けSaaS型ソリューション事例」とあります。

確かに事例として紹介したいという話はあり、だいぶ前に取材を受けていました。ただ、事例のホワイトペーパーを作るという話で、広告を出すとまでは聞いていなかったので、ビックリしたという次第です。実際にこの広告をクリックすると、こちらの、事例資料をダウンロードするページに辿りつきます(広告のランディングページとしては結構そっけない気がしますが、まあ、富士通さんのご判断なので、苦笑)。

広告という話を聞いていなかったので今回は少々驚きましたが、事例として富士通/Cloud Lendingの更なる成功をお手伝いするのは喜んでやっていることです。弥生が活用しているZuoraもそうですが、活用しているシステムのベンダーから見て、アルトア/弥生は「いいお客さま」であることを心掛けています。いいお客さまとは、単にお客さまであるだけでなく、次のお客さまを誘引してくれるお客さま。アルトア/弥生の成功が、活用しているシステムのベンダーにとって成功につながる。そういったwin-winの関係を作りたいと思っています。
posted by 岡本浩一郎 at 19:25 | TrackBack(0) | アルトア
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185385392
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック