2019年02月06日

弥報Online

昨年の12月に弥生が提供するオンラインメディア、「弥報Online」がスタートしました。「弥報」で「やっほー」と読みます。スタートとお話ししましたが、実は弥報Onlineは従前から運営してきた弥生ユーザー向け情報メディア「弥生マルシェ」をリニューアルしたものです。

既にピンと来ている方もいらっしゃるかと思いますが、弥生は長年「弥報」というユーザー向け会報誌を提供しています。これは、あんしん保守サポートのベーシックプラン/トータルプランご加入ユーザーに定期的に送付している会報誌で、日本で一番多く読まれているビジネス情報誌とも言われているとか、いないとか(笑、純粋に部数だけの話で、質に関してはまだまだだと思います)。

一方、弥生会計 オンラインなど、クラウドアプリをご利用のお客さまも増える中で、紙面だけの情報提供では量・タイムリーさという意味でも十分ではないという反省から、「弥生マルシェ」を発展的にリニューアルし、「弥報Online」とすることになりました。

2019020601.png

弥報Onlineは「弥生ユーザーを応援する『いちばん身近なビジネス情報メディア』」。これまでと同様に、中小企業の経営者や個人事業主、経理・総務を中心としたバックオフィス担当者など、弥生ユーザーの皆さまに役に立つ情報を、これまで以上に「今、本当に必要な情報」を「かんたん」に「わかりやすく」発信していきます。

弥生通の方は、あれ、スモビバとどう違うの、と思われるかもしれません。弥生では、「スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場」としてスモビバというサイトも運営しています。

一つの大きな違いは、弥報Onlineが弥生を既にお使いの弥生ユーザーを対象としているのに対し、スモビバは、弥生をお使いとお使いでないとにかかわらず、広くスモールビジネスの方を対象としています。このため、弥報Onlineはhttps://media.yayoi-kk.co.jp/と弥生のドメインの中にあるのに対し、スモビバはhttps://www.sumoviva.jp/と独立したサイトとして運営されています。

今お話ししたような立ち位置の違いはありますが、弥報Online/スモビバともに、なるほど、これは役に立つ、という情報を多く発信しています。是非一度ご覧になっていただければ幸いです。
posted by 岡本浩一郎 at 22:58 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185515134
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック