2019年03月13日

番外編(やっぱり青色申告)

先月から始めた所得税確定申告の解説シリーズ。準備編、記帳編、そして申告書作成編を終えました。確定申告期限は明後日の3/15(金)。Twitterを見ていても、


といったツイートが増えてきました(え、ステマになってますか、笑)。また、税理士の先生方ともFacebookでつながってる方が多いのですが、「終了」「もう少し」という投稿が目立つようになりました。

個人事業主で申告される方も、それを支える会計事務所の皆さまも、あともう少し。ラストスパート、頑張ってくださいね。

さて、今回の解説シリーズでは、基本的に「やよいの青色申告 19」や「やよいの青色申告 オンライン」を題材にお話ししてきました。つまり、青色申告されている方を念頭にお話をしてきました。一方で、弥生は白色申告のお手伝いも行っています。

2019031301.png

弥生は青色申告をされる方向けにはやよいの青色申告 オンラインを提供していますが、同時に、白色申告向けのやよいの白色申告 オンラインも提供しています。弥生としておススメなのはやはり青色申告ですが、実際には白色申告の方も多く、過去一年間の青色申告 オンラインと白色申告 オンラインの登録者数は拮抗、青色申告の方がやや多いかな、という状態です(デスクトップのやよいの青色申告も含めると、青色申告の方が圧倒的に多くはなりますが)。

青色申告 オンラインと白色申告 オンラインでは、両方とも1月から3月に登録(利用開始)が増えるのは共通なのですが、それ以外の月での登録(利用開始)が比較的多い青色申告に対し、繁忙期を過ぎると一気に減る白色申告という違いがあります。結果的に、2月/3月に限って言えば、青色申告より白色申告の方が多くなります。しっかりと備える青色申告派に対し、必要になったら行動する白色申告派という特性の違いがあるのかもしれません。

ただ、弥生としておススメしたいのは、やはり青色申告。それは、本ブログでもさんざんお話ししてきました(聞き飽きました?)が、明確な税金上のメリットがあるから。やよいの白色申告 オンラインをご利用の方には、青色申告のメリットを具体的に数字でお示しするようにしていますが、こちらのシミュレーターではどなたでも、節税効果を確認することができます。実際に見たら効果の大きさに驚くと思いますよ。

税金上は圧倒的に有利な青色申告ですが、誰でもが自由に選ぶことはできません。これまで白色申告をされていた方が青色申告に切り替えるためには、青色申告で申告をする一年前に、「青色申告承認申請書」を提出する必要があるのです。つまり、来年こそは青色申告という場合には、今年の申告期限中(つまり3/15(金))までに、青色申告承認申請書を提出する必要があります。ということで、今年は白色申告、でも来年からは、やるぞ、青色申告という方は今回の申告書とあわせて、青色申告承認申請書の提出もお忘れずに。青色申告承認申請書は単純な一枚物なので、10分程度で記入できるはずです。
posted by 岡本浩一郎 at 15:09 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185705555
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック