2019年06月10日

100名超え

先週金曜日に名古屋で弥生PAPカンファレンス 2019春を開催しました。朝に横浜を出る時は曇りでしたが、名古屋に到着するころには予報通りの雨。実は私には雨男疑惑がかけられているのですが、その疑惑がますます深まりかねない天気となってしまいました。言い訳をすると、例年6月から7月にかけてと、10月から11月にかけての2回PAPカンファレンスを開催していますが、前者はまるまる梅雨時、後者の前半は秋雨&台風の時期ですから、まあ、それは雨も降るはずです。なおかつ私は、全てのカンファレンスに参加しているため、必然と、私 = 雨男の印象になってしまっていますが、完全に濡れ衣(のはず)です。ちなみに、過去に一度だけカンファレンスに参加できなかったことがあるのですが、それはこの日。そう、オリックスグループ入りを発表した日。必ず参加するはずの私が参加しないということで、社員も何かあるんだろうと思っていたようです(笑)。

さて、今回のPAPカンファレンスのメインテーマは消費税改正。少し前にお話しした通り、法令的には予定されているものの、政治的には「最終決断」されていない状態であり、万が一見送りになれば、カンファレンスを開催する意義そのものが失われかねません。とはいえ、10月までは残り4ヶ月を切っており、もはや様子見もできないということでの見切り発車。

そういった状況でどれぐらい参加いただけるのか心配はしていましたが、蓋を開けてみれば大盛況。事前のお申込みの数は過去最高。当日は結構な雨ということでやっぱり今日はいいやとなる可能性もあったのですが、結果的には非常に高い参加率で、参加者は軽々と100名を超えました。これは常に100名を大きく超える東京・大阪会場以外では初の100名超えです。

2019061001.jpg

世間的にはまだ宙ぶらりんな状態の消費税ですが、やはりプロである会計事務所としてはそのインパクトの大きさを十分に理解されているということかと思います。当日は弥生の消費税改正対応についてお話しさせていただくと同時に、会計事務所の消費税改正対応の事例紹介を行ったのですが、会場にいた皆さんは(あくまでも私の印象ですが)「思っていた通り(以上に)、これは大変なことになりそうだな」と感じているように見受けられました。

今回名古屋が100名超えしたもう一つの理由が、昨年に広島営業所、今年には仙台営業所を開設したこともあり、営業所間のいい意味でのライバル意識が芽生えているということ。広島・仙台ともに営業所を開設してからはカンファレンスへの参加者が明らかに増加しています。となると、先輩格である名古屋・福岡も負けていられません。今回は福岡も順調に行けば初の100名超えが視野に入っています。

次のカンファレンスは今週の木曜日(6/13)に東京での開催。現時点で400名以上のお申込みをいただいています。今のところ予報は晴/曇ですが、私の雨男の疑惑を晴らす(笑)と同時に、多くのPAP会員の皆さまにお会いできることを楽しみにしております。
posted by 岡本浩一郎 at 18:34 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186121085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック