2019年07月17日

資金調達ってどうするの?

事業を拡大する上で、一般的に資金を調達することは避けて通れません。最初は自分の蓄えを元手(株式会社で言えば資本金)としてスタートするにしても、自己資金だけでは早晩限界が来ます。意外に思われがちなのですが、実は事業がうまくいけばいくほど資金繰りは厳しくなります。一般的な小売/卸業で考えると、販売する前には仕入が必要。そして仕入するためには資金が必要。つまり販売してお金を得るためには、まず仕入のためにお金を投入しなければならないので、販売(=売上)を増やそうとすればするほど、その手前でお金が必要になり、資金繰りが厳しくなるのです。

昨今のベンチャーブームの中で、資金調達といえば、出資を受けることと思いがちですが、これはむしろ例外。出資をする方からすると、リスクに合うリターンが必要となりますから、相当な成長可能性を求められることになります。インターネットを使ってこれまでにない、なおかつ、大きなポテンシャルのある事業を立ち上げようという場合には、出資を受けることも選択肢になりますが、お店を開く、職人として独立するといったようなケースで出資を募るのはなかなか難しいのが現実です。

もちろん、数で言えば、後者のパターンの方が圧倒的に多い。つまりほとんどの場合、資金調達といえば、融資を受けることを意味します。特に創業時には、公的金融機関である日本政策金融公庫から創業融資を受けることが一般的です。ただ、創業融資なだけに、融資を受けられるのは基本的に創業時に限られます。創業してから2年経った、事業は比較的順調だが、資金繰りはなかなか厳しい。こういった時にどうすべきか。

2019071701.png

そういったお悩みにお答えするために、このたび弥生では資金調達ナビというサイトを立ち上げました。資金調達にはどういった選択肢があるのか、では具体的にどうすれば資金を調達できるのか、を学べるサイトです。

まだサイトとしては立ち上げたばかりなので、ややアルトア色が強いことは事実です(笑)。ただ、もちろん、資金調達する上で、アルトアが唯一無二の解ということはありません。少額かつ短期の融資を簡単に借りることがでっきるというメリットはありますが、様々に存在する資金調達方法のあくまでも一つの選択肢に過ぎません。

例えば、一定の条件に該当すれば、補助金や助成金を受けられるかもしれません。これも立派な資金調達。しかも、補助金や助成金であれば、返済する必要がありません。つまり「美味しい」資金調達の方法です。もっとも、当然一定の条件に該当するかどうかに左右される訳ですし、一般的に補助金や助成金は実際に資金を受け取れるまでには時間がかかります。つまり万能な解はありません。

お客さまにとって大事なのは、どういった選択肢があるのかを理解し、自分の置かれた状況に適した資金調達を行えること。まだまだスタートしたばかりですが、この資金調達ナビを通じて小規模事業者の資金繰りのお悩み解決をお手伝いしたいと考えています。
posted by 岡本浩一郎 at 16:45 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186286498
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック