2020年09月29日

オンラインでのファミリーデー

弥生では先週末にファミリーデーを開催しました。ここ数年間、各拠点の企画として、社員の家族をオフィスに招待するファミリーデーを開催してきました。企画内容は年によって、また拠点によっても異なるのですが、オリジナル弥生マネー&お小遣い帳を配布し、縁日コーナーを用意したりと年々内容がグレードアップされているようです。

今年も開催したいところですが、この環境下では、お子さんも含めてオフィスに集まってという形式はやはり困難。そこで生まれたのがオンラインでファミリーデーを開催するという今回の企画です。移動が不要になり、より参加しやすくなるというのはもちろんのこと、これまで拠点単位での開催だったものが、全社で開催できるというのもオンライン開催のメリットです。ファミリーデーはこれまで、拠点の規模の関係から東京・大阪・札幌の3拠点でのみ開催してきましたが、今回はオンラインということで、名古屋のメンバーも参加していました。

2020092901.jpg

問題はオンラインで何をやるか、ですが、今回はオンラインでの「宝探し」。リアル宝探しの企画・運営会社であるタカラッシュにお願いして、子供向けの宝探しイベント、トレコレキッズ オンライン「わいわい動物編」を開催しました。基本的には、既にパッケージ化されたイベントですが、弥生のオフィス(東京オフィス)から配信するということで、弥生ならではの問題も追加で設定。なかなかの盛り上がりでした。

2020092902.png

私もオブザーバーとして参加したのですが、画面越しに見えるファミリーの様子がとても心温まるものでした。いつも見ている社員の顔は仕事の顔ですが、今回画面越しに見える皆の顔はお父さん/お母さんの顔。お子さんの楽しそうな様子も見れて、本当にやってよかったな、と感じました。企画メンバーの皆さん、有難うございました。

実はもう一つ私の野望(笑)も実現できたのが今回の企画。白状しますと、私、宝探し/謎解きが大好き。もう4年ぐらい前から家族ではまっており、最高にはまった年は年間に数十の宝探しイベントに参加していました。この種のイベントを企画・開催する会社はいくつかあるのですが、私は中でもタカラッシュが一番のお気に入り。いつか会社のイベントとしてやりたいな、と思っていました。社内イベント研修にこういった企画があるらしいよ、とさりげなく(笑)、人事総務部に紹介はしましたが、業務命令は出さず(笑)、じっと待つこと幾年月。今回現場の意思で(笑)、ようやく開催の運びとなった訳です。宝探し/謎解きについて語り出すと止まらないので、一旦これぐらいにしておきますが、全国で様々なイベントが開催されていますので、一度試してみると意外にはまるかもしれませんよ。
posted by 岡本浩一郎 at 17:30 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187974589
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック