2021年03月18日

中間地点

先日お話した通り、3/15(月)は本来確定申告の期限日でしたが、今年は新型コロナウイルス禍を鑑み、申告期限は4/15(木)に延長されています。結果的に、今回の確定申告期間においては、3/15が中間地点となりました。

弥生オンライン(やよいの青色申告 オンライン/やよいの白色申告 オンライン)では、どれぐらいのお客さまが確定申告を済ませたかを随時把握することができるようになっています。3/15時点では、昨年を大きく上回る数のお客さまが申告を既に終えられています。ただ、これは弥生オンラインをご利用いただいているお客さまの母数が増えていることが影響しています。

絶対数ではなく、確定申告を済ませられた方の割合で見ると、話が変わってきます。同じ中間地点で見ると、残念ながら、今年の方が進捗が悪い。ざっくり言って、昨年は申告を完了されるであろう方の半分以上が申告を実際に完了されていましたが、今年に関しては、ちょうど半分ぐらいといったところです。

これは、確定申告期限の延長がいつ発表になったのかに影響されているのかと思います。昨年は、既に申告期間に入った2/27に延長が発表されたため、3/15に間に合わせなきゃと準備を進めていた方が多く、結果的に3/15には半分以上が申告を済ませた状況でした。今年に関しては、2/2と申告期間前に発表になったため、その時点でだいぶ余裕ができたと準備の手を止めてしまったお客さまも多かったのではないかと思います(笑)。結果的に3/15でちょうど半分ぐらいといった状況なのではないかと。

ちなみに、弥生オンラインをご利用のお客さまのうち、青色申告か白色申告かで明確に傾向が異なります。青色申告の方は比較的早めに準備を進める方が多いのですが、白色申告はギリギリになって準備を進められる方が多い。ですから、全体としてちょうど半分の方が申告を済ませているというのを分解すると、青色申告は既に半分以上の方が済ませており、白色申告は逆にまだ済ませていない方が多いということになります。

今年の傾向としてはっきり出ているのは、電子申告をされる方が明確に増えているということ。昨年から弥生ではe-Taxモジュールを提供し、弥生のお客さまは(クラウドでもデスクトップでも)これまでよりも圧倒的に簡単に電子申告ができるようになっています。さらに今回の申告からは、電子申告をするかどうかで青色申告特別控除の額が変わります。結果的に3/15まででも、昨年同時期と比べ実に3倍以上の数のお客さまが弥生のe-Taxモジュールを活用し、電子申告をされています。これは私たちとしても、e-Taxモジュールを提供してよかったと実感できる数字です。マイナンバーカードの入手に時間がかかっている方もいらっしゃることを考えると、この数字はもっと伸びうるのではないかと楽しみにしています。

カスタマーセンターへのお問合せは、足元では少し落ち着いた状況になっています。当初の期限通りに申告を済ませようという方の波が落ち着いた状態。こちらのページで、お問合せのつながりやすさをご案内していますが、3月中は月曜日を除き比較的つながりやすい状況が続くと予測しています。一方で、4月に入ると、今度は4/15に間に合わせなければという大波がやってくる結果、残念ながらつながりにくい状況になると予測しています。

ということで、お問合せいただくのであれば、今ですよ、今。まだまだ余裕と思っていると、4/15はあっという間にやってきます。3月中には終えるつもりで、今週末はちょっと頑張ってみませんか。
posted by 岡本浩一郎 at 18:28 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188500805
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック