2010年05月31日

来たぞiPad

発表のタイミングで、「買います(たぶん)」宣言をし、予約開始と同時に予約をした待望の「iPad」ですが、ついに来ました我が家に。

あまり考えずに自宅配送にしてしまったため(個人で買っています)、発売当日の28日は本気で遅刻してiPadの到着を待とうかと思ったのですが、立場が立場だけに(社長の特権とすることもできますが、示しがつかないですね、さすがに)、ぐっと我慢して通常通り出勤。そわそわした一日となりましたが、昼過ぎにTwitter上で、Appleからの指示により配送は午後2時からという情報が。確かに配送状況を見ていると途中のセンターで止まっている時間が長かったので、そういった裏事情があったのでしょう。

帰宅したのは午後7時半過ぎだったのですが、まだ届いていない! まあ、午後2時から一斉に配送を始めるわけですから、当日中に終えるのはかなり大変なはず。最終的に届いたのは、午後8時39分でした。配送はヤマトでしたが、配送の方に、「今日は大変だったでしょう」と声をかけると、「はい、とにかく多かったです」との一言。お疲れ様でした!

で、使ってみての感想ですが、実は使えるまでに多少時間がかかりました。iPadはPCもしくはMacを母艦として同期をとる必要があります(基本的にiPod/iPhoneと一緒)が、これに手間取りました。(これもまたあまり考えずに)使っているiPhoneの情報をベースに復元しようとしたところ、いつまでたっても終わらない。途中であきらめて、一遍初期状態に戻した上で、今度はゼロベースで同期させました。そうすると今度は、2,000枚以上もある写真(怪しい写真じゃないですよ)をiPadサイズに最適化するので時間が... WiFiの設定にもややてこずり、結局まともに使えるようになったのは11時ぐらい。

使ってみると... 予想通りです。米国での発売からも時間が経ち、色々なレビューも目にしているので、正直新鮮な驚きはなく。ある意味、期待はものすごかっただけに、少々肩すかしかも。ただ、よく言われることですが、画面が大きい、速い(サクサク動く)というのはiPhone使いとしてはいいなあ、と思いますね。

一方で、思ったより重いです。スペック的には個人で使っているVAIOのXとほぼ変わらないはずなのですが、結構ずしっと感じます。またデザインが素晴らしいのはAppleの良い伝統ですが、扱いに苦慮します。すぐに傷をつけてしまいそうですし、同時にこれがぶつかるとぶつかったものも結構傷つきそうです。Appleとカシオのコラボで、iPadのG-SHOCK版とかできないでしょうか。

今回は、リビングにおいておいて、ちょっとネットを見たいなという時に使う想定なのですが、若干重くて、扱いに気をつけないと、という以外は、想定通り活躍してくれそうです。主にネットサーフィン、たまにメールという用途で言えば、ネットブックよりも完全にiPadですね。

ただ、iPadが本当に普及するためには、どこかでPC/Macとの同期という頸木(くびき)をはずす必要があるのではないかと思います。3GもしくはWiFiという通信手段がある以上、同期をするなら、PC/Macではなく、クラウド上のデータかと。問題があっても、ボタン一つで初期状態に戻って、なおかつデータはすぐにクラウド上から再ロード。こうなったら、普通の人が普通に使える端末としては最強ですね。もちろん、Appleのことですから、とっくに視野に入っているのではないかと思いますが...
posted by 岡本浩一郎 at 09:54 | TrackBack(0) | ビジネス
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38678712
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック