2011年04月25日

Half Year Meeting前半終了

先週金曜日に、恒例のHalf Year Meetingのうち東京開催分が終了しました。

以前も書いたことがありますが、弥生では四半期ごとにQuarterly Meetingという社内会議を開催し、直近の四半期の経営状況を共有すると同時に、その時々でテーマを設定して、社内の意識合わせを行っています。第一四半期と第三四半期は、簡易版ということで、参加はおおむねマネージャー中心で東京開催のみ(その他拠点はTV会議)。これに対し、第二四半期は、Half Year Meetingとして、基本的に全社員が対象で、東京と大阪の二回開催。そして、第四四半期(つまり通期)は、社員総会として、全員が東京に集まって開催します。

今回は3月で上半期が終了したということで、Half Year Meetingとして開催されたわけですが、この上半期は極めて順調でした(少なくとも3月までは)。3月以降は、なかなか先行きが見極めにくいというのが正直なところですが、やるべきことをキチンとやれば、大丈夫だとあえて楽観視しています。

むしろ、課題はその先。弥生はお陰様で、非常に多くの方にご利用頂いており、なおかつご満足も頂いています。ただ、実のところ、「そこそこ」ご満足頂いているというのが現実だと感じています。これをいかに「とても」満足して頂くか。今回のHalf Year Meetingでは、弥生をいかに「よい会社」(お客さまも弥生の従業員もそこそこ満足している)から「すごい会社」(お客さまも従業員もとても満足している)に進化させるかという話をしました。

すごい会社というと少々安っぽい表現ですが、真剣にすごい会社を目指したいと考えています。すごい会社といっても、世界征服を目指そうといった大それたことではなく、いかにとことんお客様に満足して頂くか、ということですので、ご安心ください。4/1にはApril Foolで社長交代という記事を書きましたが、文中の『今後弥生が「よい会社」にとどまることなく、「すごい会社」になるために』という部分だけは実は大真面目だったのです。この弥生のすごい会社化計画にはついては、本ブログでも随時取り上げていきたいと思います。

Half Year Meetingは夕方4時から会社近くのホテルで開催され、ビジネスセッションが7時まで。その後そのままBeer Bust(パーティ)となります。Beer Bust終了後も三々五々飲みに行くのですが、私は周りに誘われるまま飲んでいたところ、なんと夜中の3時近くになってしまいました。後半は飲んでいたというよりも、寝ていたようですが... 知る人ぞ知る、「飲んでも全然変わらない」神話が見事に崩壊してしまいました。言い訳ですが、準備で結構疲れていたんです(苦笑)。

Half Year Meetingの後半戦はGW後になりますが、大阪で開催します。内容は東京と一緒で、準備がいらないので、余裕で臨めそうです。

posted by 岡本浩一郎 at 18:24 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44540474
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック